m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>重度認知症の末期がん患者、終末期の意思をどう確認すべきか

重度認知症の末期がん患者、終末期の意思をどう確認すべきか

ガイドラインと意思確認方法、法的責任を解説

2021年1月17日 竹口文博(東京医科大学腎臓内科学分野、弁護士)


【質問】重度認知症の末期がん患者について、主治医としてDNAR(DoNotAttemptResuscitation:蘇生に成功する見込みがそう多くない中で蘇生のための処置を試みないこと)が相当と考えたとき、誰にインフォームド・コンセント(IC)を取ればいいでしょうか?Q1:身寄りもなくキーパーソンもいない場合、どうしますか?A1:この場合、主治医が特定の個人にICをして同意をもらうということはありません。この患者にかかわる医療・ケアチームで、どんな治療をすること、またはしないことが本人にとっての...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事