m3.com トップ>医療維新>インタビュー|全世代型社会...>途中で「主役」がいなくなった会議 - 権丈善一・慶應大商学部教授◆Vol.1

途中で「主役」がいなくなった会議 - 権丈善一・慶應大商学部教授◆Vol.1

「トンデモ医療論」からの脱却なるか?

2021年1月15日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


政府の全世代型社会保障検討会議の報告書(以下、全世代型報告書)が2020年12月まとまった。後期高齢者の自己負担の2割への引き上げと、紹介のない大病院受診時の定額負担拡大が柱。一方で、「健康寿命の延伸に向けた予防・健康づくりの強化」など、2019年12月、2020年6月の2度にわたる中間報告から消えた施策もある。ここ数年来の医療制度改革は、2013年8月の社会保障制度改革国民会議の報告書がベースになっている。同報告書では、「全世代型の社会保障への転換は、世代間の財源の取り合いをするのではなく、そ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事