m3.com トップ>医療維新>インタビュー|全世代型社会...>高齢者患者負担、進むべき方向はシンプル - 権丈善一・慶應大商学部教授◆Vol.4

高齢者患者負担、進むべき方向はシンプル - 権丈善一・慶應大商学部教授◆Vol.4

高額療養費制度に言及なくして負担増の議論なし

2021年1月23日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【権丈善一・慶應大商学部教授に聞く】Vol.1途中で「主役」がいなくなった会議Vol.2「忍び寄るポピュリズム医療政策」から脱却なるかVol.3「かかりつけ医」はコロナ禍でのキーワードVol.4高齢者患者負担、進むべき方向はシンプルVol.5みんなで支える「子育て支援連帯基金」構想Vol.6高齢者を呼ぶ「灌漑事業」こそ、地方創生Vol.7そろそろ本格的な社会保障の議論をしよう――全世代型社会保障検討会議では、後期高齢者の自己負担2割への引き上げは、単身世帯で「年収200万円以上」が対象と決まりま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事