m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】ジャガイモとワクチンとかかりつけ医

【フランス便り】ジャガイモとワクチンとかかりつけ医

オンライン診療、そして再びソフト・ロックダウン

2021年1月16日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


フランスには、パーマンティエというジャガイモ料理があります。これは種痘接種の推進やジャガイモの普及活動で知られる、18世紀の薬剤師・農学者・栄養学者アントワーヌ=オーギュスタン・パーマンティエにちなんで名付けられた代表的な庶民料理です。やせた土地でも育成できるジャガイモは1640年代に南米からヨーロッパに持ち込まれ、アイルランドやドイツで主に家畜用飼料として栽培されていました。フランスでは、芽を食べた人の食中毒事例や、球根野菜はハンセン病を起こすと考えられ、1748年に法律でその栽培が禁止されて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

フランス現地便り(COVID-19)に関する記事(一覧

【フランス便り】首都パリで3回目のロック・ダウン 2021/3/19

【フランス便り】忍び寄る変異株の脅威、フランスにも 2021/3/8

【フランス便り】ジャガイモとワクチンとかかりつけ医 2021/1/16

【フランス便り】無過失補償、立証義務が被害者側から医療者へ 2020/12/19

【フランス便り】パスツールの国のワクチン事情 2020/12/5

【フランス便り】「日本型」の積極的疫学調査、フランスでも導入へ 2020/11/25

【フランス便り】スペイン風邪のデジャブ、果たして第2波の行方は? 2020/11/15

【フランス便り】「万聖節」目前に再びロック・ダウン 2020/11/3

【フランス便り】フランスの9都市、再びロック・ダウンへ 2020/10/16

【フランス便り】「ぼくのコロナ旅行記」ニュージーランド、日本、フランス 2020/10/3

【フランス便り】レジリエンスに弱いフランス人の出口戦略は? 2020/9/18

【フランス便り】ICU利用の75歳以上の比率低下、治療アクセスを制限か 2020/8/1

【フランス便り】バカンスと第2波リスクの間で 2020/7/27

【フランス便り】新型コロナ対応も「自由・平等・友愛」の精神で 2020/6/21

【フランス便り】それぞれのロック・ダウン解除とニュー・ノーマル 2020/6/4

【フランス便り】ウイルスとのコアビタシオン(共存) 2020/5/19

【フランス便り】ロック・ダウン解除計画発表 2020/5/3

【フランス便り】心理面からみたフランスのCOVID-19 2020/4/20

【フランス便り】COVID19に見られる高齢者施設における問題 2020/4/14

【フランス便り】ピーク・アウトとトラッキング 2020/4/7