m3.com トップ>医療維新>医師調査|若手医師の「...>若手医師の半数「燃え尽き」を経験◆Vol.1

若手医師の半数「燃え尽き」を経験◆Vol.1

専門医取得済みの若手医師では75%に上る

2021年1月19日 星野桃代(m3.com編集部)


近年、医療従事者の間でも注目度が高まっている「燃え尽き症候群(バーンアウト)」。一般的に、以前は精力的に仕事をしていた人が、急に「燃え尽きたように」意欲を失うことだと言われている。職場環境の変化や慣れない業務への適応が、特にストレスとなり得る若手医師(32歳未満)に対し、「燃え尽き症候群」と思われる状態になった経験があるか調査したところ、50.7%が「ある」と回答。年次が上がるごとに経験割合は増加し、専門医取得済みの医師では75.0%にも上った。Q.医学部卒後から現在までの間に、「燃え尽き症候群...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事