m3.com トップ>医療維新>レポート|無給医問題>大学院生有志ら、無給医問題の解決求める

大学院生有志ら、無給医問題の解決求める

医師ユニオン植山氏「働き方改革に大学院生入っていない」

2021年1月15日 水谷悠(m3.com編集部)


大学病院の無給医問題について、大学院生や大学病院勤務医の有志と全国医師ユニオン、日本労働弁護団は1月15日、適切な労働者保護と処遇を求める田村憲久厚生労働相宛ての要望書を提出した。記者会見した全国医師ユニオン代表の植山直人氏は「医師の働き方改革で研修医などの時間外労働時間の例外としてC-1水準やC-2水準(集中的技能向上水準)があるが、ここに大学院生という言葉が全く入っていない。早く無給医問題を解決していただきたい」と述べた(要望項目は下部に記載)。右から植山氏、竹村氏、市橋氏植山氏によると、大...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事