m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>医療機関など一斉検査「プール方式」採用可能に

医療機関など一斉検査「プール方式」採用可能に

無症状者への抗原定性検査も、検査拡充へ指針変更、厚労省

2021年1月15日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省は1月15日、厚生科学審議会感染症部会(部会長:脇田隆字・国立感染症研究所所長)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の行政検査について、複数の検体を同時に調べる「プール方式」を認める方針を示した。医療機関などでは、無症状者に対する抗原定性検査も認める。感染症部会で了承されたため、近く具体的な検査手法などの指針を示し、各自治体や保健所へ通知する(資料は厚労省のホームページ)。感染研が5検体と10検体のプールでそれぞれ6種類の試薬で検査結果を比較したところ、検査法や試薬によって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「新型コロナ回復後患者の受け入れ、地域ごと議論を」日病協・斉藤氏 2021/2/26

都、感染再燃の早期把握へ積極的疫学調査を強化 2021/2/26

ワクチン第1弾以降「3週間ごとに46.8万人+α」で供給へ 2021/2/26

緊急事態宣言、首都圏以外は2月末に解除前倒しへ 2021/2/26

変異株「従来の株と入れ替わる可能性も」尾身会長 2021/2/26

「緊急時医療体制を再考する絶好機」AJMC 2021/2/25

「薬事承認なし」コロナ検査キットにも感染症法適用を 2021/2/25

「第4波、3度目の緊急事態宣言は絶対に避けるべき」、中川日医会長 2021/2/25

優先接種の第1弾「最大58万5000人分」は確保 2021/2/24

感染減少のスピード鈍化、宣言解除前倒しに懸念も 2021/2/24

コロナとの闘い、ぶれずに情報発信-中川俊男・日医会長に聞く◆Vol.1 2021/2/23

新型コロナワクチン、優先接種希望するも「4月異動で諦めた」 2021/2/23

高齢者接種の開始は“後ろ倒し”の可能性浮上 2021/2/19

医療従事者用ワクチンの配分予定を公表 2021/2/19

新たに流入元不明の変異株93人、感染研 2021/2/18

退院基準見直しへ、「病床の回転を良くするのが狙い」 2021/2/18

都モニタリング会議、変異株への懸念初めて示す 2021/2/18

「医師の働き方改革、コロナ禍注視しつつ」日医松本常任理事 2021/2/17

「第4波阻止とワクチン」で一気に収束への道筋を、中川日医会長 2021/2/17

先行接種1例目は院長「全く痛くない」、東京医療センター 2021/2/17