m3.com トップ>医療維新>オピニオン|新型コロナウ...>医療崩壊を定義 - 「日常」を前提とした需給バランスの崩壊

医療崩壊を定義 - 「日常」を前提とした需給バランスの崩壊

「with コロナ」時代の「新しい平時の医療提供体制」の提言

2021年1月18日 中島恒夫(一般社団法人全国医師連盟代表理事)


新型コロナウイルス感染症の蔓延によって、「医療崩壊」という言葉がメディアに登場することが増えてきました。しかし、巷にあふれる「医療崩壊」は、発言者各々の主観にすぎません。いわば、「言葉の独り歩き」です。「医療崩壊」の実態が曖昧模糊であるため、その響きが国民に不安をあおっています。そこで、我々全国医師連盟が考える、「医療崩壊」の定義を述べます。医療崩壊=「日常の提供体制」を前提とした医療需給バランスの崩壊昨今、新型コロナウイルス感染症の入院待機患者が発生し、そして、その数が増加しています。この状態...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「昨春思い出しステイホームを」3度目の緊急事態宣言発出へ 2021/4/23

都内陽性者89.3%が変異株、N501Y変異株は32.8% 2021/4/22

「3度目の緊急事態宣言は不可避。自粛基本の対策限界」日医会長 2021/4/21

大阪、医療者のワクチン接種、いまだ3割に届かず 2021/4/21

大阪「医療提供体制、非常に厳しい状況」、対策徹底が必要 2021/4/20

大阪、「入院患者待機ステーション」設置を検討、搬送先決まらず(4月20日追記) 2021/4/20

「医療従事者の接種十分でない」全自病 2021/4/16

「大阪府コロナ第4波、中等症病床からの景色」 2021/4/16

「まん延防止等重点措置」計10都府県に拡大 2021/4/16

都内「N501Y変異株が主流に」38%まで急上昇 2021/4/16

尾身会長「全国に感染拡大ではなく二極化」 2021/4/15

「大阪、一刻も早く緊急事態宣言で強い措置を」、西浦京大教授が警鐘 2021/4/14

首都圏でも5月には変異株が8、9割と推定、感染研 2021/4/14

「大阪は“医療崩壊”、早期の宣言も必要」中川日医会長 2021/4/14

「医療者・高齢者のワクチン済めば新たなステージ」都医尾崎会長 2021/4/14

「首都圏抑えるために中心の東京抑える」西村担当相 2021/4/9

2回目接種の翌日に仕事するのは難しい 2021/4/9

躊躇なくアドレナリン筋注を、日本アレルギー学会・中村氏 2021/4/9

東京、京都、沖縄にも「重点措置」実施へ、4月12日から 2021/4/9

感染状況ステージ指標に「入院率」追加、分科会 2021/4/9