m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【沖縄県】「観光県とはいえ中途半端」「医療も経済もうまくいってない」

【沖縄県】「観光県とはいえ中途半端」「医療も経済もうまくいってない」

2021年1月18日 m3.com地域版


2020年秋から感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「第3波」への各都道府県の対応を医師はどのように評価しているのか、沖縄県で勤務しているm3.com医師会員に調査したところ、知事の対応について5段階で平均3.09の評価となった(全国の結果は『医師の“医療崩壊”への危機意識、最高は「東京都」「宮崎県」-新型コロナ都道府県対応緊急調査◆Vol.1』を参照)。【調査概要】・調査期間:2021年1月8日~1月13日・対象:全国のm3.com医師会員に調査を依頼、4006人から回...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【沖縄県】「人員確保が困難」「現在の意識は感染対策へ向いている」 2021/3/5

【鹿児島県】「ボランティア参加が役立った」「日頃からの訓練が重要」 2021/3/5

【宮崎県】「ヘリポートを備えた病院増」「災害拠点病院が指定」 2021/3/5

【大分県】「病院に非常食が常備された」「実感が湧かない」 2021/3/5

【熊本県】「熊本地震で実践」「飲料水の備蓄や役に」 2021/3/5

【長崎県】「医師の高齢化で電子化が困難」「大規模災害対応できない」 2021/3/5

【佐賀県】「危機意識の共有、維持の難しさ」 2021/3/5

【福岡県】「災害対策の専門スタッフや救急救命士の雇用」 2021/3/5

【高知県】「専門医師を中心としたコーディネーターシステムを構築」 2021/3/5

【愛媛県】「自治体、救急隊との合同訓練を実施」「どこか他人事」 2021/3/5

【香川県】「院内対応マニュアルの作成、勉強会の開催」 2021/3/5

【徳島県】EMISの記録方法は約7割が「把握していない」 2021/3/5

【山口県】「災害訓練がまじめに行われるようになった」「他施設間の協力関係築く」 2021/3/5

【広島県】「地域の病院との連絡網の充実」「水の取得を確実に」 2021/3/5

【岡山県】「アプリ利用の災害状況や患者受け入れの相談が可能に」 2021/3/5

【島根県】自治体の災害時マニュアル「把握していない」が4割 2021/3/5

【鳥取県】「食品や水の備蓄を計画的に管理」「医療資源に余裕を」 2021/3/5

【和歌山県】「人によって危機意識の有無の差が激しい」 2021/3/5

【奈良県】「災害拠点病院の機能を広げる動き」「訓練に緊張感持てない」 2021/3/5

【兵庫県】「近隣病院との情報交換、医療連携がスムーズに」 2021/3/5