m3.com トップ>医療維新>医師調査|2020年の...>医師4割、オリパラ「2021年開催は不可能」◆Vol.12

医師4割、オリパラ「2021年開催は不可能」◆Vol.12

開催条件、最多は「ワクチンの普及」

2021年1月26日 小川洋輔(m3.com編集部)


Q2021年、東京五輪・パラリンピックの開催に向けて必要と考える対策を選んでください。(複数選択可)東京五輪・パラリンピックは1年間延期され、2021年夏に開催される予定だが、開業医の42.1%、勤務医の38.6%が「2021年の開催は不可能」と回答した。調査は2度目の緊急事態宣言前(2020年12月18日~12月22日)に実施したが、医師の間では厳しい見通しが多くを占めた。開催に向けて必要な対策(複数回答可)としては、「ワクチンの普及」が最も多く半数近くに上り、「選手・スタッフの定期的な検査」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事