m3.com トップ>医療維新>医師調査|2008年の...>2008年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.3

2008年、医療界のキーパーソンは誰?◆Vol.3

トップは舛添要一・厚労大臣、2位:唐澤祥人氏、3位:小松秀樹氏

2008年12月26日 村山みのり(m3.com編集部)


Q.32008年の医療界のキーパーソンは誰だと思われますか?【】内の数字は、勤務医・開業医双方の回答数の合計。第1位は舛添要一厚生労働大臣。医療政策の舵を取る立場にあり、「安心と希望の医療確保ビジョン(舛添会議)」をはじめとする各種検討会の立ち上げとそれらへの自らの参加、また各地の医療現場の視察など、積極的な活動が評価されたものと考えられる。勤務医・開業医の回答の合算では、2位は4月に日本医師会会長に再選された唐澤祥人氏。3位は『医療崩壊』『医療の限界』などの著者である小松秀樹氏。臨床医の立場か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事