m3.com トップ>医療維新>医師調査|臨床情報収集...>PubMed、「今日の治療指針」が利用頻度トップ◆Vol.3

PubMed、「今日の治療指針」が利用頻度トップ◆Vol.3

情報収集「日本語のみ」の割合、開業医は勤務医の約3倍

2008年7月29日 村山みのり(m3.com編集部)


Q3.臨床に関する情報における英語の割合a:勤務医・内科系・卒後10年以内b:勤務医・外科系・卒後10年以内c:勤務医・内科系・卒後11年以上d:勤務医・外科系・卒後11年以上e:開業医・内科系f:開業医・外科系グラフでは、英語の占める割合が50%以下の場合を青系、それ以上を黄・赤系で示した。勤務医、特に卒後年数が短い医師は英語による情報収集を行う割合が高く、一方で、開業医は日本語で行う割合が高い傾向があった。英語の割合が0%の医師は、勤務医では6-11%なのに対し、開業医では約30%だった。ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事