m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|混合診療問題...>混合診療禁止の違法判決を読み解く◆Vol.2

混合診療禁止の違法判決を読み解く◆Vol.2

厚労省による法の拡大解釈は違法、これを機に徹底的な議論を

2007年11月26日 上 昌広(東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム部門准教授)


前回も触れたように、2007年11月7日、混合診療を認めないのは違法とする東京地裁判決(定塚誠裁判長)が出た。腎臓癌に対して活性化自己リンパ球移入療法(保険外診療)と併用しても、インターフェロン療法(保険診療)について保険給付を受ける権利があるというものだ。これまでの混合診療禁止という厚生労働省の方針を覆した判決は、近年の厚労省の信頼の失墜や、治療に関する自己選択の多様化、自ら選ぶという国民の認識の変化といった、時代背景を反映した判決といえる。以下に、判決文の内容を簡潔に紹介するが、特に争点2に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事