m3.com トップ>医療維新>レポート|医学生のホン...> スーパーローテーションの是非は?◆Vol.5

スーパーローテーションの是非は?◆Vol.5

「自由度」を持たせるのが理想、頻繁な制度変更に戸惑いあり

2008年12月10日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――初期研修の特徴である、スーパーローテーションについてお伺いします。来年度から大学でモデル事業の形で、特定の科をストレート的に、重点的に研修するプログラムも開始されます。平野初期研修で身に付けるべきなのは、「バランス」だと思うのです。一定以上のレベルの技術があって、ある程度の幅の疾患を経験できるという環境に身を置いて、どれだけ吸収できるか、それが初期研修の意味だと思うんです。五十嵐専門医ではなく、総合的に診る医師を作ろうとする意味は分かります。ただ、あまり「制度に振り回されたくない」という思い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事