m3.com トップ>医療維新>レポート|国を提訴・リ...> 国を訴えた「リハビリ裁判」は2つとも却下◆Vol.1

国を訴えた「リハビリ裁判」は2つとも却下◆Vol.1

予想された結果、医療者・社会への問題提起に発展

2008年11月10日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


鶴巻温泉病院(神奈川県秦野市)の医師、澤田石順氏は、今年4月のリハビリテーションの診療報酬改定を問題視して、2つの行政訴訟を起こした。その判決がこの9月に下されたが、いずれも「却下」。澤田石氏と交友があるリハビリテーション専門医、宮城厚生協会長町病院(仙台市太白区)院長の水尻強志氏も、昨今のリハビリ点数の改定を問題視し、ブログで情報発信を続ける。両氏に、裁判の経緯に加え、昨今のリハビリ点数の改定を検証してもらった(対談は、2008年10月18日に実施。計3回に分けて掲載)。澤田石順氏1989年秋...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事