m3.com トップ>医療維新>レポート|福島県立大野...>医学・医療の不確実性を正面から見据えた判決◆Vol.27

医学・医療の不確実性を正面から見据えた判決◆Vol.27

「結果の悪さ」のみに基づいた非難、過失認定を強く戒める

2008年9月4日 金田朗(弁護士)


本稿を執筆前に検察側が控訴を断念したとの報に接したので、医療訴訟に関与する者として、加藤医師の無罪確定を心からお喜び申し上げるとともに、素晴らしい判決を勝ち取られた弁護団に敬意を表したいと思う。一方、本稿でも述べる通り、医療の不確実性に伴う結果とはいえ、ご遺族には心よりお悔やみを申し上げる。これまでは「過失」は「結果」を中心に判断さて、本件判決については、これから様々な評釈が出てくると思われるが、判決要旨を一読して筆者が最も強い印象を受けたのは、医学・医療の不確実性を正面から見据えた判決であると...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

福島県立大野病院事件に関する記事(一覧

東大法学政治学研究科教授・樋口範雄氏に聞く(4)◆Vol.34 2008/10/6

東大法学政治学研究科教授・樋口範雄氏に聞く(3)◆Vol.33 2008/10/1

東大法学政治学研究科教授・樋口範雄氏に聞く(2)◆Vol.32 2008/9/30

東大法学政治学研究科教授・樋口範雄氏に聞く(1)◆Vol.31 2008/9/29

主任弁護人・平岩敬一氏に聞く(下)◆Vol.30 2008/9/19

主任弁護人・平岩敬一氏に聞く(上)◆Vol.29 2008/9/17

「この事件がこれで終わるとは到底思えない」◆Vol.28 2008/9/8

医学・医療の不確実性を正面から見据えた判決◆Vol.27 2008/9/4

無罪確定は「終わり、そして始まり」、検察は控訴せず◆Vol.26 2008/9/4

大野事件判決-医師にとっての臨床上の教訓◆Vol.25 2008/8/28

ご遺族の視点からの大野事件をとらえ直す◆Volo.24 2008/8/26

「検察は控訴すべきではない」と国会議員が発言◆Vol.23 2008/8/26

「非常に医療への配慮にあふれた判決」各立場から意見◆Vol.22 2008/8/22

佐藤章・福島県立医大教授が判決直後の真情を吐露◆Vol.21 2008/8/22

「事故報告書は再発防止が目的、法的意味なし」◆Vol.20 2008/8/21

「福島県の産科標榜科数は15.3%減」◆Vol.19 2008/8/21

遺族が「一生、真相を追究していきたい」と会見◆Vol.18 2008/8/21

加藤医師が公判後、記者会見で心境を語る◆Vol.17 2008/8/20

無罪の根拠は「胎盤剥離の中止義務なし」◆Vol.16 2008/8/20

大野病院事件をめぐる5つの誤解・疑問を考察◆Vol.15 2008/8/18