m3.com トップ>医療維新>レポート|救急医療の危...>「受け入れ困難」はNICUなどの満床が理由◆Vol.12

「受け入れ困難」はNICUなどの満床が理由◆Vol.12

東京都が母体搬送問題で調査、「頭痛の切迫性の認識」に相違も

2008年11月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


東京都周産期医療協議会は11月5日の会議で、10月に東京都内で生じた妊婦の搬送問題に関する調査結果を公表した。この問題は脳内出血を来した妊婦が計8施設で受け入れを断られ、一度は断ったものの最終的に受け入れた都立墨東病院で分娩後、死亡というもの。「受け入れ困難」の理由として、NICU(新生児集中治療病室)、MFICU(母体胎児集中治療病室)、個室病床のいずれかが「満床」であるとしたのは、8施設中7施設に上ることが分かった。「産科病床が満床」とした施設はゼロ、また「脳神経外科医の不在」を挙げたのは1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事