m3.com トップ>医療維新>レポート|医療現場の危...>「大野病院事件が有罪なら分娩中止も検討」◆Vol.5

「大野病院事件が有罪なら分娩中止も検討」◆Vol.5

発足記念シンポ開催、医師らが医療の窮状訴える

2008年4月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療者による労働組合の代表が東京に集結――。4月12日に東京・日比谷公会堂で開催された、「医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟」の発足記念シンポジウムを一言で形容すると、この言葉が一番当てはまるのではないだろうか。シンポジウムは午後6時から約2時間にわたり開かれ、医師、看護師、患者の立場から計9人が意見を述べ、質疑応答が行われた。参加者は約1000人で、大半が医療関係者、中でも医師が多かった。それを反映して、シンポジストから、福島県立大野病院事件に代表されるように医療事故が刑事訴訟に発展...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事