m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|スペシャル座...> 「弁護団への説明でノイローゼになりそうに」◆Vol.2

「弁護団への説明でノイローゼになりそうに」◆Vol.2

産婦人科医が初歩から解説、深夜までメールでやり取り

2009年1月9日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


出席者(発言順)澤倫太郎氏(日本医師会総合政策研究機構研究部長、日本医大産婦人科講師)兼川真紀氏(インテグラル法律事務所)木原大輔氏(やまぶき法律事務所)平岡敦氏(たつき総合法律事務所)水谷渉氏(たつき総合法律事務所)――ところで最初に先生方がこの件のことを聞いて、どう思われたのですか。澤2月20日に最初に電話で相談された際、「術中超音波をやっていますか」と聞いたら、「やっている」と。それで全然問題ないと判断した。「術中超音波をやっている」というキーワードはすごく大事。普通は、あまりやらない。今...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事