m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|スペシャル座...>突然の逮捕・勾留はフェアじゃない◆Vol.1

突然の逮捕・勾留はフェアじゃない◆Vol.1

逮捕直後に弁護団を結成、福島まで連日接見に

2009年1月7日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


言葉の壁にぶつかってノイローゼになりそうなほど悩まされた――。昨年8月判決が出た福島県立大野病院事件で、特別弁護人として法廷に立った、産婦人科医の澤倫太郎氏(日医総研研究部長、日本医大産婦人科講師)は、こう語る。医療裁判では、「医」と「法」の文化や言葉の違いを超え、相互理解をいかに深めるかがカギとなる。澤氏と、本事件を担当した若手弁護士4人に、事件の経過を検証するとともに、「医」と「法」、それぞれの立場で感じたこと、さらには事件の教訓を語ってもらった(2008年12月5日に実施。計9回に分けて連...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事