m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|「勤務医のた...>なぜ勤務医に「医師賠」が必要か◆Vol.1

なぜ勤務医に「医師賠」が必要か◆Vol.1

勤務医・研修医個人が訴えられるケースも

2008年10月16日 高月清司(IMK高月(株)代表取締役)


ここ数年、医療事故や訴訟関連のニュースが日常的に報道されるようになっている。こうした医療訴訟などに対するリスクをヘッジするのが「医師賠償責任保険(以下、医師賠)」である。これは病院などの勤務医や開業医が加入する保険だが、勤務医の加入率はまだ高くはない。私自身も関係している、メディカルリスクマネジメント情報連絡協議会の推定では、2004年度の卒後臨床研修制度の必修化以降、研修医に加入を義務付ける医療機関が増えたこともあって、20-30代の医師では60-70%が医師賠に加入しているもようだが、40-...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事