m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|診療報酬改定...>「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆

「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆

外来から入院、退院後までの流れを点数で後押し

2008年3月26日 (株)日本経営


【議論の背景】社会保障審議会後期高齢者医療の在り方に関する特別部会により、「後期高齢者医療の診療報酬体系の骨子」(2007年10月10日)がまとめられている。この中の留意すべき事項として、次のようなことが記載されている。「いわゆる主治医の登録制度を導入すべきという指摘や、患者のフリーアクセスの制限は適当でないという指摘があった」「現在は、総合的に診る取り組みの普及・定着を進める段階であり」「診療報酬における検討に加え、研修・生涯教育等を通じて、主治医の役割をより適切に担うことができる医師が増加し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

診療報酬改定'08に関する記事(一覧

「データは不適正な使用ではない」と医療課長◆Vol.22 2008/7/9

「5分ルール」の算定患者数は2割以上も減少◆Vol.21 2008/7/3

「4月の医業収入減少」は74%に達する◆Vol.20 2008/5/27

後期高齢者診療料「既に算定した」は25%◆Vol.19 2008/5/23

「外来管理加算は「10%未満」算定減が約半数◆Vol.18 2008/5/22

「後期高齢者診療料」見直し求める声は上がらず◆Vol.17 2008/5/21

回復期リハビリテーション病棟入院料◆VOL.16 2008/4/8

障害者施設等入院基本料の見直し◆VOL.15 2008/4/7

クラーク配置で勤務医の事務負担軽減◆VOL.14 2008/4/4

後発医薬品の使用促進-Vol.12◆ 2008/4/1

後期高齢者診療料の算定要件-Vol.11◆ 2008/3/26

「プロセスと連携」を重視した改定の中身-Vol.10◆ 2008/3/26

外来管理加算の算定要件-Vol.9◆ 2008/3/19

早朝・夜間等診療加算の算定要件-Vol.8◆ 2008/3/17

健康保険組合連合会専務理事・対馬忠明氏に聞く-Vol.7◆ 2008/3/12

日本医師会副会長・竹嶋康弘氏に聞く-Vol.6◆ 2008/3/3

「後期高齢者診察料」で全人的医療を期待-Vol.5◆ 2008/2/29

「外来管理加算」はあくまで「5分」が目安-Vol.4◆ 2008/2/28

今改定は勤務医への応援メッセージ-Vol.3◆ 2008/2/27

“はみださない大人の改定”“横並び改定”-Vol.2◆ 2008/2/21