m3.com トップ>医療維新>レポート|withコロ...>VR教材で救命救急の現場を体験「能動的学習が可能に」、東京医科大◆Vol.1

VR教材で救命救急の現場を体験「能動的学習が可能に」、東京医科大◆Vol.1

「VR教材を対面型の代替ではなく、新しい価値として利用する」

2021年2月8日 岩崎雅子(m3.com編集部)


東京医科大学で1月から、救命救急の臨床実習でのVR/AR教材の導入が始まった。VRヘッドセットを利用して、従来の見学型の実習では見えなかった内容が確認可能となり、学生の能動的学習が見込まれる。市販で購入できる機材のみを使用し、導入費用も最低限に抑えた。医学教育推進センター長で医学教育学分野の三苫博主任教授はコロナ禍で、「開発したVR教材を対面型の代替とするのではなく、新しい価値として利用していきたい」と導入の意図と効果を語る(全2回連載の1回目)。ERの360度映像、教員は学生の視野も共有可能に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事