m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>精神保健指定医取消処分は「後出しじゃんけん」東京高裁判決

精神保健指定医取消処分は「後出しじゃんけん」東京高裁判決

北里大准教授「処分で損害甚大、補償を」

2021年2月8日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省による精神保健指定医取消処分は違法だとして北里大学医学部精神科学准教授の高橋恵氏が国を訴えていた裁判で、東京高裁(野山宏裁判長)が医師敗訴の東京地裁判決を破棄して取消処分は違法としたことを受けて同氏が2月8日に都内で記者会見し、「本来受けなくていい処分で被った損害は甚大。(国に)何らかの補償を考えていただきたい」と訴えた。1月27日の高裁判決では「(厚労省の)処分基準はアンフェアな後出しじゃんけん的なもの」などと厳しく批判しており、代理人弁護士の井上清成氏は「かなりきつい物言いをしてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事