m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>震災の教訓生かし災害医学を新設 - 眞瀬智彦・岩手医大災害医学教授に聞く◆Vol.1

震災の教訓生かし災害医学を新設 - 眞瀬智彦・岩手医大災害医学教授に聞く◆Vol.1

発災直後に県庁へ「数日間の記憶ない」

2021年3月4日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


東日本大震災では、沿岸部の県立病院など多数の医療機関が津波で甚大な被害を受けたのが岩手県。その支援の中心となったのが岩手医科大学だ。多数の医療者を沿岸部の支援に派遣するとともに、医療機能を維持できない医療機関からの患者の受け入れにあたった。その教訓を生かし、次なる災害に備えるため、2011年9月に開溝したのが、災害医学講座。2013年4月には災害時地域医療支援教育センターも設置するなど、災害対応の強化を図っている。岩手医大の救急・災害・総合医学講座災害医学分野教授であり、災害時地域医療支援教育セ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

東日本大震災から10年に関する記事(一覧

被災地の医療関係者不足「深刻、ぎりぎりな状況」◆Vol.7 2021/3/23

「災害NW、入院調整に貢献」「医療活動調整の中心にDMAT」◆Vol.6 2021/3/21

「医師として必要とされる」が活動の原点-坪倉正治・福島県立医大放射線健康管理学主任教授に聞... 2021/3/21

原発事故の課題、コロナ禍でも共通-坪倉正治・福島県立医大放射線健康管理学主任教授に聞く◆V... 2021/3/14

災害時の動きの把握「訓練の有無」で大差◆Vol.5 2021/3/13

38歳で主任教授に就任、2つの柱で研究-坪倉正治・福島県立医大放射線健康管理学主任教授に聞... 2021/3/12

災害用無線、診療所は約9割が「設備がない」◆Vol.4 2021/3/11

「絆は東日本大震災の最大の教訓」、日医中川会長 2021/3/10

原発事故の経験・記憶・教訓、風化を懸念-坪倉正治・福島県立医大放射線健康管理学主任教授に聞... 2021/3/10

被曝の住民相談「現在はほとんどない」が約7割◆Vol.3 2021/3/9

「いつ被災するか分からず」備え必須-眞瀬智彦・岩手医大災害医学教授に聞く◆Vol.3 2021/3/8

被災3県、宮城県と岩手・福島県で問題認識に差も◆Vol.2 2021/3/7

DMATの現場対応能力、コロナ対応でも発揮-眞瀬智彦・岩手医大災害医学教授に聞く◆Vol.... 2021/3/6

震災の教訓生かし災害医学を新設-眞瀬智彦・岩手医大災害医学教授に聞く◆Vol.1 2021/3/4

備えあれども、なお憂いあり-石井正・東北大総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.3 2021/3/3

被災3県、地域の復興度で地域差も◆Vol.1 2021/3/1

無為に亡くなる人をいかに救うか-石井正・東北大総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.2 2021/2/28

“感染災害”、東日本大震災の経験生かす-石井正・東北大総合地域医療教育支援部教授に聞く◆V... 2021/2/24