m3.com トップ>医療維新>オピニオン|ピースウィン...>福祉施設のクラスター対策が「圧倒的に難しい」理由

福祉施設のクラスター対策が「圧倒的に難しい」理由

ユニバーサルマスクは不可能、医療界より厳しい人手不足

2021年2月27日 稲葉基高(ピースウィンズ・ジャパン医師)


国内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大から約1年間、これまでクラスターが発生したクルーズ船、一般病院、精神科病院、介護福祉施設などに外部支援者として入ってきました。その中でも圧倒的に対策が難しいと感じたのはやはり介護福祉施設です。私が所属するNGO「ピースウィンズ・ジャパン」では2020年夏から、NGO「災害人道医療支援会」と連携して介護福祉施設向けのオンライン研修・相談会とPPE(個人防護具)の物資支援を延べ1300以上の施設に行ってきましたが、このような活動がもっと広...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事