m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>ワクチン第1弾以降「3週間ごとに46.8万人+α」で供給へ

ワクチン第1弾以降「3週間ごとに46.8万人+α」で供給へ

「6月末までに医療者と高齢者分は供給」でファイザーと大枠合意

2021年2月26日 大西裕康(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)用ワクチンを各自治体に配布する量の見通しが徐々に立ってきた。2月26日、河野太郎ワクチン担当大臣が記者会見し、医療従事者の「優先接種」に必要な分と「一般接種」のうち65歳以上の高齢者接種に必要な分を、6月末までに配布できるようファイザーと大枠で合意したと発表した。医療従事者の接種希望者数は、当初の推計を超え約470万人にも迫るとみられるがその全数分を、高齢者はおよそ3600万人分を、それぞれ6月末までに調達し、自治体へ配布する計画。このうち優先接種では...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「大阪、一刻も早く緊急事態宣言で強い措置を」、西浦京大教授が警鐘 2021/4/14

首都圏でも5月には変異株が8、9割と推定、感染研 2021/4/14

「大阪は“医療崩壊”、早期の宣言も必要」中川日医会長 2021/4/14

「医療者・高齢者のワクチン済めば新たなステージ」都医尾崎会長 2021/4/14

「首都圏抑えるために中心の東京抑える」西村担当相 2021/4/9

2回目接種の翌日に仕事するのは難しい 2021/4/9

躊躇なくアドレナリン筋注を、日本アレルギー学会・中村氏 2021/4/9

東京、京都、沖縄にも「重点措置」実施へ、4月12日から 2021/4/9

感染状況ステージ指標に「入院率」追加、分科会 2021/4/9

小池都知事、まん延防止等重点措置を政府に要請 2021/4/8

イギリス株の実効再生産数1.32倍、感染研が国内感染者分析 2021/4/8

医学生25%「移動制限がマッチングに支障」医学連調査 2021/4/7

「これまでで最大の危機、強いメッセージを」中川日医会長 2021/4/7

予防接種事業の助成金申請、VRS活用で電子化へ 2021/4/6

尾身会長「高齢者にワクチン届くまでが正念場」 2021/4/1

「まん延防止等重点措置」大阪・神戸・仙台などで初めて実施へ 2021/4/1

変異株「関西での感染拡大に影響」脇田座長 2021/3/31

「極めて遺憾、国民への背信」厚労職員送別会、中川日医会長が叱声 2021/3/31

ワクチン接種体制、医師「不足等」20.6% 2021/3/31

新型コロナが外科系に及ぼした影響とは 2021/3/31