m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>「新型コロナ対応職員の21%にうつ的症状」自治労調査

「新型コロナ対応職員の21%にうつ的症状」自治労調査

副委員長「過重労働と差別・偏見で疲弊」

2021年3月23日 水谷悠(m3.com編集部)


全日本自治団体労働組合(自治労)は3月23日、公立医療機関の医療従事者を対象に行った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するアンケート結果を発表した。COVID-19患者に直接関わる職員の21%が「うつ的な症状がある」と回答、差別や偏見を感じる職員も30%おり、自治労副中央執行委員長の青木真理子氏は「過重労働と差別偏見で心身ともに疲弊している。第4波に向けしっかりと医療提供体制を構築していかないといけない」と訴えた。青木氏調査は2020年10月26日から12月末まで、自治労の9つの「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「昨春思い出しステイホームを」3度目の緊急事態宣言発出へ 2021/4/23

都内陽性者89.3%が変異株、N501Y変異株は32.8% 2021/4/22

「3度目の緊急事態宣言は不可避。自粛基本の対策限界」日医会長 2021/4/21

大阪、医療者のワクチン接種、いまだ3割に届かず 2021/4/21

大阪「医療提供体制、非常に厳しい状況」、対策徹底が必要 2021/4/20

大阪、「入院患者待機ステーション」設置を検討、搬送先決まらず(4月20日追記) 2021/4/20

「医療従事者の接種十分でない」全自病 2021/4/16

「大阪府コロナ第4波、中等症病床からの景色」 2021/4/16

「まん延防止等重点措置」計10都府県に拡大 2021/4/16

都内「N501Y変異株が主流に」38%まで急上昇 2021/4/16

尾身会長「全国に感染拡大ではなく二極化」 2021/4/15

「大阪、一刻も早く緊急事態宣言で強い措置を」、西浦京大教授が警鐘 2021/4/14

首都圏でも5月には変異株が8、9割と推定、感染研 2021/4/14

「大阪は“医療崩壊”、早期の宣言も必要」中川日医会長 2021/4/14

「医療者・高齢者のワクチン済めば新たなステージ」都医尾崎会長 2021/4/14

「首都圏抑えるために中心の東京抑える」西村担当相 2021/4/9

2回目接種の翌日に仕事するのは難しい 2021/4/9

躊躇なくアドレナリン筋注を、日本アレルギー学会・中村氏 2021/4/9

東京、京都、沖縄にも「重点措置」実施へ、4月12日から 2021/4/9

感染状況ステージ指標に「入院率」追加、分科会 2021/4/9