m3.com トップ>医療維新>医師調査|緊急調査:新...>第3波、緊急事態宣言地域の医師2割が「医療崩壊」と感じる◆Vol.5

第3波、緊急事態宣言地域の医師2割が「医療崩壊」と感じる◆Vol.5

「転院転施設先の調整うまくいかず」「病院の玄関先で1時間収容先を探す」

2021年4月2日 高橋直純(m3.com編集部)


Q:第3波において勤務先の地域(2次医療圏単位)で「医療崩壊」したと感じていますか。緊急事態宣言が出ていた11都府県と、それ以外の道県で分けて分析すると、11都府県の方が「はい」「いいえ(医療崩壊に近いと感じた)」のいずれも、それ以外の道県よりも約10ポイント多い結果となった。Q:第3波において医療提供体制が逼迫した原因をどのように考えますか。■医師、医療機関の分担の問題治療により回復してきた重症患者や治療し軽快した患者の転院・転施設先の調整が全くうまくいっていなかった。根本的に医療制度が有事に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事