m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>エヴァンゲリオンと医学生、そしてサブカルチャー

エヴァンゲリオンと医学生、そしてサブカルチャー

「今の若い医師らには我々が気づいていない同様な現象が……」

2021年4月4日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて、今回は番外編です。コロナ禍の中、産業医としていろいろな業態の企業を回っていると、会社というより業界によってダメージを受けたり、逆に大きく伸びている、あるいはいったんは業績が大きく下がったが回復基調にあるなど、さまざまなパターンがあることがよく分かります。業績が良いところは会社を訪問した瞬間の雰囲気が明るいですし、悪いところは悲壮な感じが漂っています。中でもエンターティメント業界は一時大きなダメージを受けていました。ようやく最近になって回復してきたように見えます。例えば映画業界では2020年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

神田橋宏治の「医師、ときどき社長」に関する記事(一覧

池江選手の優勝!元血液内科医として感動しました 2021/4/5

エヴァンゲリオンと医学生、そしてサブカルチャー 2021/4/4

「産業医研修のWebでも可」、朗報を歓迎 2021/3/7

「医師と数学者」、「R0と行列の固有値」の関係 2021/2/11

産業医と家庭医・総合診療医との連携を 2021/1/31

年末最後の「驚き」、産業医成長の糧に! 2021/1/3

臨床医、産業医、そして社長としての「コロナ禍1年」を回顧 2020/12/20

医師なら実務経験免除、「ビル管理士」に合格! 2020/11/29

地方国公立大医学部、東大卒業生の「人生再生工場」に 2020/10/4

在宅医療で出会った愛情に満ちたご家族 2020/9/21

「顧問医」、企業が雇う3パターンとは? 2020/9/12

風邪を引いた医師、いつから働いていいのか? 2020/8/30

医師仲間で評判の“コロナ太り”対策を教えます 2020/8/16

医師として直面した自宅の2つの“罠” 2020/8/9

「従業員が2日間微熱後に解熱、出社しても可?」 2020/8/2

偉大な医学者、工学者、2人の訃報に思う 2020/7/5

インパール作戦の軍医だった祖父の思い出 2020/5/24

「家から一歩も出られないのが非常につらい」 2020/5/10

新型コロナウイルス感染症、産業医にも相談多々 2020/3/8

医師の「副業」、バラエティ番組に出演してみた 2020/2/16