m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>尾身会長「高齢者にワクチン届くまでが正念場」

尾身会長「高齢者にワクチン届くまでが正念場」

変異株拡大を警戒、大阪・兵庫「往来自粛を」政府対策本部

2021年4月1日 小川洋輔(m3.com編集部)


政府は4月1日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、「まん延防止等重点措置」を大阪、兵庫、宮城の3府県で4月5日から5月5日まで実施することを正式に決めた。特に、大阪、兵庫では変異株の割合が高くなっているため、菅義偉首相は「監視体制をさらに強化するとともに、不要不急の外出、他の都道府県との往来の自粛をお願いする」と呼びかけた。基本的対処方針分科会の尾身茂会長は対策本部後の記者会見で、「高齢者にワクチンが届く6月頃までが正念場だ」と訴えた(資料は首相官邸のホームページ)。基本的対処方針の改定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

「3度目の緊急事態宣言は不可避。自粛基本の対策限界」日医会長 2021/4/21

大阪、医療者のワクチン接種、いまだ3割に届かず 2021/4/21

大阪「医療提供体制、非常に厳しい状況」、対策徹底が必要 2021/4/20

大阪、「入院患者待機ステーション」設置を検討、搬送先決まらず(4月20日追記) 2021/4/20

「医療従事者の接種十分でない」全自病 2021/4/16

「大阪府コロナ第4波、中等症病床からの景色」 2021/4/16

「まん延防止等重点措置」計10都府県に拡大 2021/4/16

都内「N501Y変異株が主流に」38%まで急上昇 2021/4/16

尾身会長「全国に感染拡大ではなく二極化」 2021/4/15

「大阪、一刻も早く緊急事態宣言で強い措置を」、西浦京大教授が警鐘 2021/4/14

首都圏でも5月には変異株が8、9割と推定、感染研 2021/4/14

「大阪は“医療崩壊”、早期の宣言も必要」中川日医会長 2021/4/14

「医療者・高齢者のワクチン済めば新たなステージ」都医尾崎会長 2021/4/14

「首都圏抑えるために中心の東京抑える」西村担当相 2021/4/9

2回目接種の翌日に仕事するのは難しい 2021/4/9

躊躇なくアドレナリン筋注を、日本アレルギー学会・中村氏 2021/4/9

東京、京都、沖縄にも「重点措置」実施へ、4月12日から 2021/4/9

感染状況ステージ指標に「入院率」追加、分科会 2021/4/9

小池都知事、まん延防止等重点措置を政府に要請 2021/4/8

イギリス株の実効再生産数1.32倍、感染研が国内感染者分析 2021/4/8