m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>池江選手の優勝!元血液内科医として感動しました

池江選手の優勝!元血液内科医として感動しました

彼女の才能と努力の賜物、その背景にある医学の進歩

2021年4月5日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて41回目です。水泳の池江璃花子選手が急性リンパ性白血病からの造血幹細胞移植を克服して、4月4日に開催された日本選手権水泳競技大会の100m女子バタフライ決勝で優勝、オリンピックのメドレーリレーメンバーとして内定したことがニュースになりました。正直、ものすごくびっくりしました。同種骨髄移植を受けた方がここまで来るとは思わなかったのです。読まれている方には医師が多いと思うので釈迦に説法になりますが、彼女が受けた同種造血幹細胞移植という方法は、簡単に言ってしまえば免疫細胞を全部入れ替えるという方法...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

神田橋宏治の「医師、ときどき社長」に関する記事(一覧

池江選手の優勝!元血液内科医として感動しました 2021/4/5

エヴァンゲリオンと医学生、そしてサブカルチャー 2021/4/4

「産業医研修のWebでも可」、朗報を歓迎 2021/3/7

「医師と数学者」、「R0と行列の固有値」の関係 2021/2/11

産業医と家庭医・総合診療医との連携を 2021/1/31

年末最後の「驚き」、産業医成長の糧に! 2021/1/3

臨床医、産業医、そして社長としての「コロナ禍1年」を回顧 2020/12/20

医師なら実務経験免除、「ビル管理士」に合格! 2020/11/29

地方国公立大医学部、東大卒業生の「人生再生工場」に 2020/10/4

在宅医療で出会った愛情に満ちたご家族 2020/9/21

「顧問医」、企業が雇う3パターンとは? 2020/9/12

風邪を引いた医師、いつから働いていいのか? 2020/8/30

医師仲間で評判の“コロナ太り”対策を教えます 2020/8/16

医師として直面した自宅の2つの“罠” 2020/8/9

「従業員が2日間微熱後に解熱、出社しても可?」 2020/8/2

偉大な医学者、工学者、2人の訃報に思う 2020/7/5

インパール作戦の軍医だった祖父の思い出 2020/5/24

「家から一歩も出られないのが非常につらい」 2020/5/10

新型コロナウイルス感染症、産業医にも相談多々 2020/3/8

医師の「副業」、バラエティ番組に出演してみた 2020/2/16