m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|スペシャル座...>刑事免責か否か、産科医不足…◆Vol.8

刑事免責か否か、産科医不足…◆Vol.8

事件を機に産科医療が抱える諸問題が露呈

2009年1月28日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


出席者(発言順)澤倫太郎氏(日本医師会総合政策研究機構研究部長、日本医大産婦人科講師)兼川真紀氏(インテグラル法律事務所)木原大輔氏(やまぶき法律事務所)平岡敦氏(たつき総合法律事務所)水谷渉氏(たつき総合法律事務所)――判決が出て3カ月強がすぎました。この事件の医療界への影響などをどうお考えでしょうか。澤その後、リンクするように杏林大の“割りばし事件”の判決が11月にあり、担当医は無罪になった。僕はこの判決は「正当な判断」だと思った。けれど、まだまだ続くと思っている。警察・検察がいくら「謙抑的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事