m3.com トップ>医療維新>医師調査|臨床研修制度...>臨床研修見直しでは医師偏在は解消せず◆Vol.1

臨床研修見直しでは医師偏在は解消せず◆Vol.1

「若い世代にだけ押し付けるのはいかなものか」都道府県別定員上限、地域枠の是非

2009年3月5日 村山みのり(m3.com編集部)


2月18日、厚生労働省と文部科学省による「臨床研修制度のあり方等に関する検討会」において、臨床研修制度の見直しに関する報告書案が了承された。同報告書における見直しの要点は以下の3項目(詳細は「都道府県枠で研修医を都市部から地方に“誘導”」参照)。(1)研修プログラムの弾力化(必修診療科の削減、必修分に充てる研修期間の短縮など)(2)募集定員や受入病院のあり方の見直し(都道府県別の募集定員上限の設定など)(3)関連する制度等の見直し(医学教育のカリキュラムの見直し、医学部入学における地域枠の拡大な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事