m3.com トップ>医療維新>レポート|異色対談◆山...>「切磋琢磨の競争」こそが医療に必要◆Vol.1

「切磋琢磨の競争」こそが医療に必要◆Vol.1

演繹・帰納の二項対立を超えた「暗黙知」がカギ

2009年3月13日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


臨床研修の必修化、国立大学法人化などの制度変更があり、大学医学部は今、難しい舵取りを求められている。こうした中、独自の発想と実行力を持ち、山形大学医学部の改革を進めているのが同学部長の嘉山考正氏。その活動の様子を医療界内外に情報発信するため、嘉山氏にm3.com「DoctorsBlogβ」の「公式ブログ」を担当していただくことを予定している。ブログ開始に先立ち、「医療界以外の方が、医療をどう見ているのか、どんな問題意識を持っているのかを聞き、参考にしたい」との嘉山氏の要望から、新党日本代表で参議...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

異色対談◆山形大・嘉山氏 vs. 田中康夫氏に関する記事(一覧

「チャート式内科」に限界あり◆Vol.2 2009/3/19

「切磋琢磨の競争」こそが医療に必要◆Vol.1 2009/3/13