m3.com トップ>医療維新>インタビュー>今の臨床研修目標はレベルが低すぎる-山形大学医学部付属病院長・山下英俊氏に聞く◆Vol.1

今の臨床研修目標はレベルが低すぎる-山形大学医学部付属病院長・山下英俊氏に聞く◆Vol.1

学ぶべきは「プライマリ・ケア」ではなく「ファースト・エイド」

2009年4月6日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


2010年度から卒後臨床研修制度の改正が予定されている。(1)必修科目を7科から、内科、救急医療、地域医療に削減、(2)都道府県別に研修医の募集定員の上限を設定――が見直しのポイント。この見直しを研修の担い手である大学病院や臨床研修病院のトップはどう見ているのだろうか。厚生労働省の医道審議会医道分科会医師臨床研修部会の委員を務める、山形大学医学部付属病院長の山下英俊氏に聞いた(2009年3月26日にインタビュー)。「総花的なプログラムのため研修目的がはっきりせず、悩んでいる研修医は多い」と指摘す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

106施設から年間202万人の医療情報収集‐吉原博幸・ライフデータイニシアティブ代表理事・... 2020/1/28

医師法21条による警察への届出は少なく、刑事裁判も限定的-樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大... 2020/1/22

「これからは医師がAIを使いこなす時代に」―日本メディカルAI学会理事で第2回学術集会大会... 2020/1/20

アクションプラン、2020年1月から本格実行段階へ-福島県立医大病院長、副病院長に聞く◆V... 2020/1/14

人口減少社会、乗り切るために選択-日本海ヘルスケアネット◆Vol.5 2019/12/18

日本の医療、「統制経済」への転換が必要-日本海ヘルスケアネット◆Vol.4 2019/12/10

10法人で財務諸表共有、「地域の費用管理」実践-日本海ヘルスケアネット◆Vol.3 2019/12/5

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.5 2019/11/19

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.4 2019/11/11

スポーツ医学のこれから、リスクを最小化するアプローチ-守屋拓朗・千葉労災病院整形外科副部長... 2019/11/2

総合診療医、活躍の場は「病院と診療所」-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.3 2019/10/28

ラグビー日本代表の前チームドクターはチーム内外で重責を担ったスポーツ医学のこれから、リスク... 2019/10/26

学長就任の最終年度、創立150周年を見据えて-竹中洋・京都府立医大学長に聞く 2019/10/25

卒後8年目の医師が総合診療科、立ち上げ-帯広協会病院・総合診療科◆Vol.2 2019/10/22

診療に当たっては医師も「在宅医療PA」の指示で動く-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol... 2019/10/20

厚労省と医療界「声を上げれば変わる!」-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.... 2019/10/20

開設7年目の診療所が東京で120床の病院開院の訳-安井佑・やまと診療所院長に聞く◆Vol.... 2019/10/13

産婦人科医の過労自殺、行政訴訟で労災認定◆Vol.3 2019/10/13

厚労省改革に向けた3つの方向性を提示-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.2 2019/10/12

もう“拘牢省”とは言わせない!-久米隼人・厚労省改革若手チーム代表に聞く◆Vol.1 2019/10/4