m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東京女子医大...>300ほどの関係論文を自ら読み公判準備◆Vol.4

300ほどの関係論文を自ら読み公判準備◆Vol.4

最終弁論の一部も執筆、勤務の傍ら深夜まで作業

2009年5月6日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)


――公判準備のうち、医学的な陳述書は、ほとんどご自身で作成したとお聞きしています。そうです。綾瀬循環器病院(東京都足立区)には、保釈後の2002年10月から勤務しています。手術件数は多く仕事は忙しいですから、裁判の準備をやるのは夜になりました。当直や緊急手術があり、毎日時間が取れるわけではなかったのですが、準備ができる日は、仕事がひと段落して、午後7時くらいから午前2時前後まで没頭していた。裁判の節目、例えば弁論や控訴趣意書の答弁書を書くなど、集中して何かをやる必要がある時は、1-2週間くらいは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事