m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論

臨床賛否両論
Page
外来時間、対PC業務は5割超える?2016/9/14

医師の外来時間の5割は電子カルテ入力やデスクワークなどの業務が占め、患者に接する時間は3割に満たない...

レーシック、ブーム再来はあるか2016/6/29

屈折矯正手術レーシックの施行件数激減がにわかに注目を集めている。ピークだった2008年の45万件から...

リンパ節転移1個に放射線照射、是非は?【JSS2016】2016/5/6

昨年改訂された日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインは、乳房切除術後腋窩リンパ節転移4個以上陽性の患者に...

フルワク4価、効果を実感?2016/3/2

2015/16シーズンのインフルエンザの流行が暫定でピークを超えた。第7週(2月15~21日)の定点...

牛乳は本当にリスキーと言えるか2016/1/8

牛乳の摂取が体に良くないとする「牛乳悪玉論」が、しばしばマスコミなどに取り上げられている。2015年...

ロタワク導入で感染性胃腸炎減った?2015/12/25

2011年11月から日本でも使用可能になったロタウイルスワクチン。まだ定期接種化はされていないが、認...

特定資金得た研究「不受理」に賛成?2015/12/14

「タバコ資金で行われた研究の論文投稿や学会発表を禁止することを提案します」――日本衛生学会理事会が2...

幼児の“毎日携帯”、是か非か2015/12/1

0歳児の半数近くがゲームやアプリ、動画視聴のために携帯機器を毎日使い、4歳児の4分の3が自分のスマホ...

「降圧目標120未満」は日本に影響するか2015/11/24

糖尿病のない心血管疾患高リスク患者では、収縮期血圧120mmHg未満への厳格管理によって心血管イベン...

ピロリ除菌の開始、いつが妥当?2015/11/16

胃癌の主要な原因とされるヘリコバクターピロリ感染胃炎に対する除菌療法の保険適用が認められて2年が経過...

酸化Mg注意喚起で使い方どうなる?2015/11/9

厚生労働省は2015年10月20日、制酸・緩下剤の「酸化マグネシウム製剤」に対し、国内副作用症例の集...

小児敗血症性ショック、大量輸液の是非2015/2/18

小児敗血症性ショックの初期蘇生のスタンダードとして推奨されている大量輸液療法。しかしその一方で、輸液...

糖尿病合併高血圧、第一選択は依然ARB?2014/10/30

糖尿病合併高血圧症の第一選択薬に、2009年版と同様に、ARBとACE阻害薬と位置づけた「高血圧治療...

ドック学会の血圧基準範囲に賛成か2014/10/28

日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が2014年4月に発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」は...

血圧の評価は、家庭血圧が優先か2014/10/23

血圧測定に関して、家庭血圧(HBP)を診察室血圧よりも優先することを明確にした「高血圧治療ガイドライ...

1点異常GDM、全例厳格管理必要か2014/6/10

母体の食後血糖値と周産期予後の関連を検討した大規模臨床試験「HAPOstudy」の結果を受けて、20...

DMの糖質制限食、薦めるか2014/5/29

昨年3月、日本糖尿病学会が極端な糖質制限食は薦められないとする提言をまとめた。日本人でのエビデンス不...

胃上部早期癌は胃を残すべきか2014/5/12

胃上部早期癌を切除するなら、噴門側胃切除か、胃全摘か。手技の難易度や再発性、術後QOL、栄養状態など...

食道癌の術前CRT、標準なるか2014/4/17

術前化学放射線療法(CRT)がステージ2-3食道癌の今後の標準治療となるか。JCOG9907試験結果...

腹部大動脈瘤はEVARかopen surgeryか2014/4/14

腹部大動脈瘤の治療に広がる、ステントグラフト内挿術(EVAR)。ハイリスク症例に限らず、より積極的に...

血栓リスク低いAF、抗凝固行うか2014/4/2

血栓リスクが低い心房細動(AF)患者に抗凝固療法を行うべきか?AFの脳梗塞発症リスクを評価するCHA...

焼灼はAFの第一選択になるか2014/4/1

カテーテルアブレーションは、発作性心房細動(AF)の第一選択治療となり得るか?ガイドラインの適応では...

DTC遺伝子検査、賛否二手2014/2/18

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

舌下免疫療法、3人に1人「推進」2014/2/17

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

医療大麻、賛否は二分2014/2/14

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

癌転移の遺伝子検査、支持二分2014/2/13

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

月経困難、低用量ピル推進3割2014/2/12

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

「前立腺ロボ推進」4人に1人2014/2/11

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

遺伝子検査「診療所では限定的」2014/2/7

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

着用除細動器「推進」3割2014/2/7

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

腹腔鏡の不利、解消の道に課題2014/2/5

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

「hMPV迅速キット不要」優勢2014/2/4

「旬のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布したか...

DTC遺伝学的診断、賛成か2014/2/3

「旬のテーマ」はDTCの遺伝子検査。医療機関を通さずに、体質をはじめとした遺伝学的情報を得る。国内外...

舌下免疫療法、推進か2014/1/31

「旬のテーマ」は舌下免疫療法。スギ花粉症をはじめアレルギー治療法として関心を集める。米食品医薬品局が...

医療大麻、賛成か2014/1/30

「旬のテーマ」は医療大麻。米国では州により認めている。最近は嗜好用の合法化も話題。日本では医療大麻に...

乳癌転移、遺伝子検査推進か2014/1/30

「旬のテーマ」は乳癌の術中遺伝子検査。センチネルリンパ節を対象に癌細胞の遺伝子を検出。推進するか、限...

月経困難、低用量ピル推進か2014/1/28

「旬のテーマ」は月経困難症への低用量ピル。婦人科領域では選択肢が増えて注目度は高い。一方で副作用の報...

前立腺ロボ手術、推進か2014/1/27

「旬のテーマ」は前立腺癌のロボット手術。国内でロボット手術が増えており、主役は前立腺癌の手術。さらに...

「診療所で遺伝子検査」推進か2014/1/24

「旬のテーマ」は続いて診療所での遺伝子検査。中でもヒト遺伝学的検査の広がりが注目されている。今後、推...

着用型除細動器、推進か2014/1/24

「旬のテーマ」は続いて着用型自動除細動器。植込み型除細動器の手術までの待機時期などに使用が広がりそう...

大腸癌に腹腔鏡、本当に必要か2014/1/23

「旬のテーマ」は続いて大腸癌の腹腔鏡手術。腹腔鏡の必要性の議論はかねて注目されてきた。今回、指針で大...

hMPV迅速キットを使うか2014/1/21

新たに「旬のテーマ」をお送りする。製品が増えて関心が高まる迅速キットの話題。今回はhMPVの迅速診断...

BNCT、4人に1人は「推進」2014/1/20

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

TAVI「無理がある」2014/1/17

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

眼科包括的PCR「徐々に市民権」2014/1/16

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

癌に樹状細胞「限界あり」2014/1/15

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

「分子標的薬と放射線」要検証2014/1/14

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

「カプセル内視鏡は不要」が半数2014/1/10

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

「抗凝固薬で遺伝情報必要」2割2014/1/9

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

ダーモスコープ「当然持つ」2014/1/8

「技術のテーマ」として注目テーマについて投票を実施。対抗する考え方、中立から医師の選択はどう分布した...

全430件中 1-50件