m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
逮捕勾留時、「黒塗りの新聞」を読む◆Vol.52015/1/14

※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら――逮捕されてから、勾留理由開示の頃は、どんな1...

シリーズ:大野病院事件スペシャル対談◆加藤医師 vs.安福弁護士

教授も滂沱の涙、「加藤先生、がんばれ」◆Vol.42015/1/12

※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら――勾留理由開示の法廷は、(2006年の)3月2...

シリーズ:大野病院事件スペシャル対談◆加藤医師 vs.安福弁護士

警察幹部の手紙、「憤りを感じた」◆Vol.32015/1/9

※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら――警察からの連絡は、突然だったのでしょうか。加...

シリーズ:大野病院事件スペシャル対談◆加藤医師 vs.安福弁護士

警察、事故報告書を機に捜査に着手◆Vol.22015/1/7

※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら――福島県による「医療事故調査委員会報告書」が公...

シリーズ:大野病院事件スペシャル対談◆加藤医師 vs.安福弁護士

福島離れず、産婦人科医として勤務◆Vol.12015/1/5

2008年8月の無罪判決から6年以上経った今でもなお、多くの医療者の記憶に刻まれている福島県立大野病...

シリーズ:大野病院事件スペシャル対談◆加藤医師 vs.安福弁護士

医師の意識改革迫る地域包括ケア◆Vol.52014/11/26

「京都在宅医療塾」。ある平日の午後6時から京都府医師会館に集まった約20人の医師たちの年齢はさまざま...

シリーズ:京都式地域包括ケア

漫才や二人芝居で認知症を啓発◆Vol.42014/11/19

「明日でも、病院に行きましょう」「何しに行くのだ。少し調子が悪いかもしれないけれど、どこも悪くない。...

シリーズ:京都式地域包括ケア

実践的な情報・課題共有が連携のカギ◆Vol.32014/11/14

「こんにちは」「お疲れさまです」10月20日の午後、京都市左京区役所の会議室で開催された「左京区事業...

シリーズ:京都式地域包括ケア

京都発の在宅支援、診療報酬で評価◆Vol.22014/11/11

「在宅医療のすそ野を広げるには、在宅で実施可能な医療の拡大だけでなく、在宅医療の限界を踏まえて、必要...

シリーズ:京都式地域包括ケア

「オール京都」で地域包括ケア実践◆Vol.1 2014/11/4

2025年に向けて地域包括ケアシステムの構築が進められる中、全国の関係者が注目している地域の一つが、...

シリーズ:京都式地域包括ケア

「医師なら、臨床だけ」にあらず◆Vol.82014/10/2

日本医療機器開発機構(JOMDD)で最初に手掛けたのが、大動脈弁再建術時に使用する、サイザーセットだ...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

シリコンバレー、そして日本で起業◆Vol.72014/9/30

4年間勤務した、ボストン・サイエンティフィック社を辞めて、2011年、米国のシリコンバレーで起業する...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

「専門医はスーパードクター」は誤解◆Vol.72014/9/26

――お話をお聞きしていると、細かい点に意見の相違はあるものの、専門医制度に関する基本的な考えは一致し...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

FDAから医療機器大手に転職◆Vol.62014/9/25

FDA勤務で、審査の深さを実感する一方、規制当局という立場の限界、クリエーティブな仕事をしたいとの思...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

FDAで「得たもの」「築いたこと」◆Vol.52014/9/23

FDAで働くためのビザ取得までの間、日本に一時帰国する。2003年8月からPMDAで働き始めた。2カ...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

医師へのインセティブ、将来は必要◆Vol.62014/9/19

――専門医制度の改革に当たっては、国民の理解を得て進めることが重要です。難しい問題だと思いますが。嘉...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

実務経験積むためFDAを目指すが…◆Vol.42014/9/18

無事、TOEFLやGREの試験に合格。卒後8年目に当たる2001年夏から、ハーバード大に留学する。上...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

女子医大入局、循環器内科の道へ◆Vol.32014/9/16

「30歳までに、『これだ』と思うことを見つけなさい」というのが、永井教授のアドバイスだった。榊原記念...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

メスを置いた外科医の位置付けは?◆Vol.52014/9/12

――次に、各論を幾つかお聞きしたいと思います。ダブルボード、つまり基本領域の専門医は1つに限らず、2...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

教授から人生左右するアドバイス◆Vol.22014/9/11

初期研修の2年間で、非常に印象に残り、今でも覚えている患者さんが2人いるという。2年目の関連病院での...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

外科医の父「内科は全人的に診る必要あり」◆Vol.12014/9/9

中堅医師のキャリアをつづる「私の医歴書」。次にご登場いただくのは、(株)日本医療機器開発機構の代表取...

シリーズ:私の医歴書◆内田毅彦氏(日本医療機器開発機構)

医学教育の自由度向上が必要◆Vol.32014/9/5

2014年4月からの後期研修先として選んだのは、福島県相馬市の相馬中央病院だ。原発事故で地域に影響が...

シリーズ:私の医歴書◆森田知宏氏(相馬中央病院)

専門医改革で医師の偏在解消へ◆Vol.42014/9/5

嘉山私は中医協委員を以前、務めていましたが、専門医制度の改革は、医療提供体制とも大きく関係してくると...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

後期研修先、「福島」と「専門性」で悩む◆Vol.22014/9/4

初期研修に選んだ亀田総合病院。ある程度の自由な時間があることに加え、モチベーションの高い同期が魅力だ...

シリーズ:私の医歴書◆森田知宏氏(相馬中央病院)

亀田選んだ理由は「チャレンジ精神」◆Vol.12014/9/2

40歳前後の中堅医師たちに、自らのキャリアを語っていただくシリーズ「私の医歴書」。番外編としてお届け...

シリーズ:私の医歴書◆森田知宏氏(相馬中央病院)

“追い風”の今こそ、ふんどし締める◆Vol.102014/8/30

2008年に北海道家庭医療学センターとして法人化して、6年あまり。トップの立場で、臨床、研究、教育に...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

専門医のレベル、科による相違あり◆Vol.32014/8/29

嘉山「医師にとっての専門医制度改革の意味」について、お話させてください。私自身は、病気を基本的なとこ...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

37歳の若さで学術大会長務める◆Vol.92014/8/27

医療法人のトップになり、運営面で変わったことは多い。経営責任を負うことは、自由度が増すことも意味しま...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

二度の危機「最強の後ろ盾を失う」◆Vol.82014/8/26

教育も経営も、軌道に乗りつつある矢先、2006年4月から、北海道家庭医療学センター所長の葛西龍樹氏が...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

「マニュアル医師」は専門医にあらず◆Vol.22014/8/22

――今の専門医制度は、3階建て、1階部分の基本領域は19と決まっていますが、2階、さらには3階部分の...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

「学習者を診断する」視点を養う◆Vol.72014/8/21

研修医の指導方法を学ぶために、カナダのウエスタンオンタリオ大学に留学する。2004年秋のことだ。留学...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

卒後5年目、教育の苦労増す◆Vol.62014/8/19

卒後5年目(2003年)で、多数の初期研修医の教育を担当する日々。夜12時、1時まで仕事をする日も多...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

専門医改革は「医療界の失敗の後始末」◆Vol.12014/8/15

2017年度からスタートする専門医制度改革は、「第三者機関による専門医の評価・認定の実施」と、「19...

シリーズ:改めて問う専門医制度改革の意義

「捨石の覚悟」で北海道に残る◆Vol.52014/8/14

計2年間の後期研修を経て、家庭医療が地域に貢献していることを実感、それ以降も家庭医療への道をまい進す...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

室蘭と久瀬村で家庭医療の基礎学ぶ◆Vol.42014/8/12

2年間の初期研修の間、家庭医療に進むという思いが確信に変わった。しかし、当時は、学会認定の家庭医の研...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

大学も総合診療専門医の養成を◆Vol.52014/8/8

――これまでのお話をお聞きしていると、日本専門医機構や学会など関係団体が協力して、より良い専門医制度...

シリーズ:スペシャル座談会◆総合診療専門医

期待と不安を抱き、家庭医療へ◆Vol.32014/8/7

家庭医を知るきっかけとなったのが、京大医学部の1年先輩が、ロッカールームに貼った北海道家庭医療学セン...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

講義代わりに「公式の裏勉強会」◆Vol.22014/8/5

臨床講義に疑問を覚えた草場氏らは、講義には出席せず、同級生同士での勉強会を開始した。『Diagnos...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

「臨床講義を聞いて、愕然とした」◆Vol.12014/8/1

40歳前後の中堅医師たちに、自らのキャリアを語っていただくシリーズ「私の医歴書」。その第二弾としてお...

シリーズ:私の医歴書◆草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター)

提供体制と専門医、別次元の議論◆Vol.42014/8/1

――総合診療医については、先ほど数よりも質という話が出ましたが、若手医師が総合診療専門医を目指すよう...

シリーズ:スペシャル座談会◆総合診療専門医

「もうOK」は禁句、常に向上心を◆Vol.62014/7/31

2014年4月からは、国立成育医療研究センターに勤務。臨床研究教育部の臨床研究教育室室長代理としての...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

東北の医学部新設、1校選定に至らず2014/7/30

文部科学省の「東北地方における医学部設置に係る構想審査会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部長)の...

シリーズ:医師不足への処方せん

臨床と教育、研究をこなす中堅医師◆Vol.52014/7/29

WHOではインターンとして、アフガニスタンの母子保健の研究などに従事していた。国際色豊かな職員で構成...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

専門医の更新、移行など課題は多々◆Vol.32014/7/25

――日本専門医機構の組織委員会で吉村博邦・北里大学名誉教授が中心となりまとめた中間報告では、新規に総...

シリーズ:スペシャル座談会◆総合診療専門医

医師の夫、2年間の育児休業取得◆Vol.42014/7/23

2007年末には、第二子を妊娠した。それでも育児休暇から復帰1年後の2008年4月からは、慈恵医大の...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

子どもと2人きりの日常がストレスに◆Vol.32014/7/17

「レジデントという意味でも冬の時代だった」と語る永田氏。2004年から臨床研修が必修化された時期に、...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

キャリア形成、タイミングは「冬」◆Vol.22014/7/15

永田氏は初期研修2年目に、大学時代にESSの活動を通して知り合った1学年上の他大学の医師と結婚。ご主...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

総合診療専門医、今まさに創設へ◆Vol.12014/7/11

この5月に、日本専門医機構が発足、専門医制度改革が本格化した。その柱は二つ。第一は、同機構が、第三者...

シリーズ:スペシャル座談会◆総合診療専門医

ESSやバレーボール、「アクティブ」な日々◆Vol.12014/7/10

医局の弱体化、臨床研修マッチングの導入、さらには若手医師の意識の変化に伴い、医師のキャリアの多様化、...

シリーズ:私の医歴書◆永田知映氏(国立成育医療研究センター)

「政権と対峙すれば、議論からも排除」2014/7/1

日本医師会副会長の今村聡氏は、6月29日の日医代議員会で、「現政権は、首相官邸の意向が非常に反映され...

シリーズ:日医代議員会

全1103件中 501-550件