m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画

スペシャル企画
Page
地域医療から世界トップレベル研究まで - 石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.22018/1/6

――災害医療以外では、いかがでしょうか。先生が教授を務める東北大学病院総合地域医療教育支援部は、さま...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師の6割、過去1年でセカンドオピニオンの要望◆Vol.112018/1/6

患者編に続いて、今回からセカンドオピニオンに関する医師の経験、意見を紹介していく。Qここ1年で、主治...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

携帯、ネットが使えない“トラウマ”をバネに活動 - 石井正・東北大学病院総合地域医療教育支援部教授に聞く◆Vol.12018/1/3

2011年3月11日の東日本大震災で、甚大な津波の被害を受けたのが宮城県石巻市。被災地の中でも最多の...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師全員加入の医師会で政治に対峙を - 原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.32017/12/30

――2009年頃から民主党政権を支持、その後、日本医師会会長に就任したことについて、改めて今振り返る...

シリーズ:医療維新10周年記念

「日医と県、医師会長の立場、全く違う」 - 原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.22017/12/27

――2010年4月に日本医師会会長に就任、生活は一変したのではないでしょうか。はい。平日は週に1回は...

シリーズ:医療維新10周年記念

患者の3割、セカンドオピニオンで主治医と関係悪化と認識◆Vol.102017/12/26

Qセカンドオピニオンを受けたことで、より納得のいく治療や診断が受けられたと思いますか。「AskDoc...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「民主党支持」で日医会長戦に出馬 - 原中勝征・前日医会長に聞く◆Vol.12017/12/23

日本医師会と政治は密接な関係にある中、2009年8月の総選挙で圧勝して誕生した民主党政権時代に日医会...

シリーズ:医療維新10周年記念

医師の引き際、「時代遅れになった時」- 須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.3 2017/12/20

――医業停止される前の日々に戻られていますが、今後いつまで診療を続けるか、その辺りをどうお考えですか...

シリーズ:医療維新10周年記念

約半数の主治医が「不快感」、患者の受け取り◆Vol.92017/12/18

Qセカンドオピニオンを希望した際、主治医の反応はいかがでしたか。「AskDoctors」(※)会員1...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

経営努力では対応できないことばかり-対談:高野己保・高野病院理事長◆Vol.32017/12/17

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:対談:高野己保・高野病院理事長高野病院の当時と今◆Vol.1院長...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「開設はNG」、県を突っぱね診療所再開 - 須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.2 2017/12/16

――医業停止を終え、再び診療所院長として医療を再開する際、神奈川県から「診療所の開設はできない」と言...

シリーズ:医療維新10周年記念

「医師、殺人罪で有罪」のその後 - 須田セツ子・元川崎協同病院医師に聞く◆Vol.12017/12/13

1998年11月の「川崎協同病院事件」で、気管支喘息で重積発作を来し、心肺停止状態で搬送された患者に...

シリーズ:医療維新10周年記念

院長の就任「静かに見守っていてほしい」 対談:高野己保・高野病院理事長◆Vol.22017/12/10

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:対談:高野己保・高野病院理事長高野病院の当時と今◆Vol.1――...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医療費、伸び抑制しなければ国が持たず - 舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.32017/12/9

――752日間、厚労大臣を務められて、何か積み残した課題、あるいはもう少し時間があれば可能だったとい...

シリーズ:医療維新10周年記念

“強い”大臣、官僚組織も改革 - 舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.22017/12/6

――厚労大臣時代、常に社会の目を意識し、マスコミを上手に使われていたように映ります。広報活動は大事。...

シリーズ:医療維新10周年記念

「最も不満なのは給与」、日米ともにトップ◆Vol.52017/12/4

今回の「日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!」では、日本と米国ともに勤務の内容および時間のいず...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

高野病院の当時と今- 対談:高野己保・高野病院理事長◆Vol.12017/12/3

メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医学部定員増に舵を切れた訳 - 舛添要一・元厚労大臣に聞く◆Vol.12017/12/2

2007年8月27日から2009年9月16日までの752日間、第1次安倍晋三内閣、福田康夫内閣、麻生...

シリーズ:医療維新10周年記念

セカンドオピニオン受けない理由、7割が「主治医に言いづらい」◆Vol.82017/12/2

Qセカンドオピニオンを受けなかった理由を教えてください【複数選択】「AskDoctors」(※)会員...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

無罪判決から9年、「医師が無理しなくなった」- 澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆Vol.3 2017/11/29

――2008年8月の無罪判決から9年が経ちました。県立大野病院事件は、産科医療の現場にどんな影響を及...

シリーズ:医療維新10周年記念

セカンドオピニオン先、4割が「ネットの口コミ」で◆Vol.72017/11/28

Qセカンドオピニオンを受けた医師はどのように探しましたか。「AskDoctors」(※)会員1026...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

20代医師で大差、「過去1年間に、論文1本以上」◆Vol.42017/11/26

2016年に執筆した、ご自身が1stauthorの論文数を聞いた結果、「執筆論文が1本以上」との回答...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

医師逮捕への怒り、全国的な支援に - 澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆Vol.22017/11/25

――県立大野病院事件の特徴として、加藤先生の逮捕を問題視し、支援の動きが全国的に高まったことが挙げら...

シリーズ:医療維新10周年記念

「加藤先生は無罪」と直感、特別弁護人に -澤倫太郎・県立大野病院事件特別弁護人に聞く◆Vol.12017/11/22

「被告人は無罪」――。2008年8月20日、福島地裁は、県立大野病院で帝王切開手術後に妊婦が死亡した...

シリーズ:医療維新10周年記念

セカンドオピニオンに至る患者の理由◆Vol.62017/11/20

Qセカンドオピニオンを受けるに至った経緯を具体的にご記入ください。「AskDoctors」会員102...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「雑務が負担」、日本46.5%、米国11.7%で大差◆Vol.32017/11/19

『「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%』では、日米の医師の1週間の勤務日数や勤務時間についての...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

“けんかの仲裁”の構図、脈々と流れる -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.3 2017/11/18

――「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」の2013年5月の「とりまとめ」に対し、...

シリーズ:医療維新10周年記念

厚労省医事課長の“21条発言”、偶然の産物 - 有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.22017/11/15

――2011年3月に発生した東日本大震災の対応もあり、厚労省が「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方...

シリーズ:医療維新10周年記念

外科医の弁慶は義経を待ち望んでいる - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.32017/11/12

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画「ずっとloserだった」◆Vol.1」「多...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「週7日勤務」、日本6.2%、米国4.2%◆Vol.22017/11/12

医師の「働き方改革」や過労死などがクローズアップされている昨今、医師の長時間労働の改善が急務になって...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

「当事者が罰を受ける仕組み」、瞬間的に察知 -有賀徹・労働者健康安全機構理事長に聞く◆Vol.12017/11/11

2015年10月にスタートした医療事故調査制度。さかのぼれば、自民党政権時代の2007年10月に第2...

シリーズ:医療維新10周年記念

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】2017/11/10

無題ドキュメント[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すみません、先生方!」山根と健...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「専門医=医師会員」で医師配置を適正化 - 高久史麿・前日本医学会長に聞く◆Vol.32017/11/8

――先生は、専門医資格の取得を義務化し、標榜とも連動させ、自由標榜を制限すべきとの主張です。ドイツに...

シリーズ:医療維新10周年記念

セカンドオピニオンの費用「5000円未満」が4割◆Vol.52017/11/7

Q自費診療で受けたセカンドオピニオンの費用はどの程度でしたか。「AskDoctors」会員1026人...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「多くの医師は『ごっつあん体質』」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.22017/11/5

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画「ずっとloserだった」-対談「天野篤・順...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「医師は非常に魅力的な職業」「永遠に挑戦的でやりがい」◆Vol.1-22017/11/5

『医師を子どもに勧める?米国57.1%、日本42.4%◆Vol.1』で紹介した、「Q.自分の子どもや...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

医師を子どもに勧める?米国57.1%、日本42.4%◆Vol.12017/11/4

m3.com編集部では今夏、M3USAの協力を得て、日本の医師1582人(m3.com会員)、米国の...

シリーズ:日本vs.米国、医師2732人を徹底調査!

専門医取得の義務化、「崩れてしまった」- 高久史麿・前日本医学会長に聞く◆Vol.22017/11/4

――新専門医制度は2017年度開始の予定が、医師の地域偏在、地域医療への影響を懸念する声が上がり、1...

シリーズ:医療維新10周年記念

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】2017/11/3

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の瞳孔に問題はなかった。しかもきちんと意識が...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

新専門医制度、「自由標榜制の制限」が念頭に - 高久史麿・前日本医学会長に聞く◆Vol.12017/11/1

m3.com医療維新が2007年11月にスタートして10年。この間、医療界では実にさまざまな動きがあ...

シリーズ:医療維新10周年記念

患者の3割、セカンドオピニオンの経験なし◆Vol.42017/10/30

Qセカンドオピニオン(主治医以外の医師に自費診療で求める第二の意見)を受けた経験はありますか。「As...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

「ずっとloserだった」 - 対談:天野篤・順天堂医院長◆Vol.12017/10/29

メディアでも活躍する11年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

シリーズ:一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】2017/10/24

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]コンサルタントの那須洋介は富産別に到着すると、大...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

患者の8割、医師への「不信」の経験◆Vol.32017/10/21

Q日常診療でかかっている医師の判断や態度に不信感を覚えたことはありますか。「AskDoctors」会...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

セカンドオピニオンの必要性、医師患者で温度差◆Vol.22017/10/18

Q【患者側】主治医以外の医師に第二の意見を求める「セカンドオピニオン」は必要だと思いますか?Q【医師...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

患者の8割超が「言いづらさ」感じる◆Vol.12017/10/9

若くして乳がんで亡くなった、元フリーアナウンサーの小林麻央さんのニュースでも、注目を集めた「セカンド...

シリーズ:セカンドオピニオン「医師×患者」調査

学生と対話、集中講義に「ミニ国試」- 大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.22017/10/6

Vol.1はこちら――医師国家試験対策を今年度から開始したそうですね。これまで医師国試の合格率はそん...

シリーズ:改革進む医学教育

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】2017/10/6

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長は約束を守った。しかも迅速に守った。当選...

シリーズ:小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

納得できる最期と“死”、自ら選ぶ◆Vol.302017/9/30

――第一線の外科医時代も、その限界を感じつつ、メスを握っていた石飛氏。その人生を振り返ると、幼少期か...

シリーズ:私の医歴書◆石飛幸三・芦花ホーム常勤医

超高齢化への対応は、大学の使命-大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.12017/9/29

大阪医科大学は2014年から兵庫県、翌2015年からは高知県と協定を結び、「医師派遣プロジェクト」と...

シリーズ:改革進む医学教育

全1663件中 501-550件