m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論

臨床賛否両論
Page
大腿の末梢動脈疾患、バイパス術かカテーテルか2011/5/18

末梢動脈疾患(PAD)の治療でバイパス術かカテーテルか判断困難なケースがある。大腿動脈が全体に狭窄、...

外科手術中は正常体温に保つが57%2011/5/6

手術中に正常体温に保つと考える意思は、半数を超えることが分かった。臨床賛否両論「外科手術中は正常体温...

一般市民の心肺蘇生、胸骨圧迫のみが62%2011/4/28

「一般市民による心肺蘇生は、胸骨圧迫のみでよい」と考える医師は62%に上った。臨床賛否両論「一般市民...

手術部位感染予防の抗菌薬、胃切除後は?2011/4/15

手術部位感染(SSI)予防のための術後抗菌薬投与を巡り議論がある。胃癌の胃切除後、抗菌薬投与の効果が...

胃癌検診に、ピロリ菌と粘膜萎縮の検査も2011/4/8

日本人で最も多い胃癌。胃癌検診にピロリ菌検査とペプシノゲン法を入れるか議論が続く。内視鏡検査が普及す...

変形性膝関節症の関節内注射、ヒアルロン酸を優先?2011/4/1

重要度を増す変形性膝関節症の治療に、ヒアルロン酸の関節内注射を優先する声が上がる。一方で、患者の疼痛...

60歳以上にも補助人工心臓を2011/3/10

2011年、国内で埋め込み型補助人工心臓の新型製品が相次いで登場する見込み。心臓移植を受けるまでに待...

外科手術中は正常体温に保つ2011/3/9

外科手術の際に患者を正常体温に保つ考え方が広がっている。術後の感染症や合併症の発生を抑制すると証明さ...

持続血糖モニター、普及推進は45%2011/3/4

臨床賛否両論「持続血糖モニターの普及推進」(2011年2月17日掲載)において、持続血糖測定を積極的...

膣、口から「NOTES」、一般化進む2011/3/3

外科手術は年々、低侵襲化が進む。注目されるのが、「NOTES(経管腔的内視鏡手術)」。膣や口、肛門な...

褥瘡予防の体位変換、「間隔延長可能」が27%2011/3/2

臨床賛否両論「褥瘡予防の体位変換間隔、4時間超も」(2011年2月15日に掲載)で体位変換に対する医...

一般市民による心肺蘇生は、胸骨圧迫のみで2011/3/1

「一般市民による心肺蘇生は人工呼吸を必要としない」との考えが強まっている。日本、欧米で胸骨圧迫のみの...

クモ膜下出血ICPC、Acomはコイル?2011/2/24

「クモ膜下出血の治療は、コイル塞栓術かクリッピング術か」を2010年8月に取り上げた。今回は特に対応...

小児の足関節捻挫、2度以上は全例ギプス固定2011/2/22

小児の足関節捻挫は、2度以上の新鮮例ならばギプス固定が必要との考えが出ている。骨よりも靭帯が強いため...

持続血糖モニターの普及推進2011/2/17

1型糖尿病、血糖管理困難な2型糖尿病の持続血糖モニターが保険適応。血糖は複雑に上下するので、日中変動...

褥瘡予防の体位変換間隔、4時間超も2011/2/15

高齢者の褥瘡予防では約2時間ごとの体位変換が必要とされるが、課題もある。夜間の体位変換は本人の睡眠を...

尿酸高値、痛風なくても下げる2011/2/10

尿酸が高めだが、痛風発作などがない無症候性のケースにどう対処するか。「心臓や腎臓の危険因子」と積極的...

在宅血液透析か?施設透析か?2011/2/8

在宅血液透析がここ5年ほどで2倍に増え、広がりを見せている。2010年4月、在宅血液透析指導管理料の...

アカラシアはすべて「POEM」へ2011/2/3

食道の「三大疾患」の一つ、アカラシアの新しい治療が注目されている。昭和大学の井上晴洋氏が開発した「P...

超音波骨折治療、新鮮例術後すべてに実施も2011/2/1

超音波骨折治療が全国の整形外科に広がっている。陳旧例に加えて、最近、新鮮例の開放、粉砕骨折にも保険適...

子宮脱の治療、メッシュが標準に?2011/1/27

子宮を摘出して治療された子宮脱の治療に変化が出てきている。子宮を取らずメッシュで臓器を持ち上げる方法...

花粉症の鼻洗浄、積極的に推奨2011/1/25

花粉症の鼻洗浄、鼻うがいが、炎症を抑制する効果から見直されている。花粉飛散の最盛期の2週間前から鼻粘...

深在性真菌症疑い、βグルカン検査は必須2011/1/20

β-D-グルカン(βグルカン)検査が深在性真菌症の診断でどこまで有用か議論がある。偽陽性となる例があ...

大腸ESDはM・SM大腸癌の標準治療になり得るか2011/1/18

大腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が先進医療として承認。保険収載へデータ収集も始まった。早期直腸癌...

腎臓病の蛋白質制限食、厳格?緩徐?2011/1/13

慢性腎臓病の患者に蛋白質摂取を制限するのは一般的だった。しかし、指針の水準でも腎機能低下を抑制しない...

抗認知症薬の少量維持、選択肢の一つ2011/1/11

抗認知症薬の少量維持処方を行うか、臨床現場で議論が行われている。有効用量に満たないものの、意欲低下に...

高齢者の転倒、ヒッププロテクターを医療安全に?2011/1/6

医療安全の観点から、高齢者の転倒と大腿骨頸部骨折の予防が注目される。腰の側方をパットで保護して骨折を...

心房細動の不整脈、抗血栓療法の上で無症状は?2011/1/4

心電図異常で診断された心房細動の不整脈にどう対応するか。従来、心拍リズム正常化が重視されたが、抗血栓...

尿のアルカリ化、白血病治療では一般的だが…2010/12/28

白血病治療を中心に、国内では当然のように尿のアルカリ化が行われている。腫瘍細胞の壊死に伴う尿酸を溶け...

心房細動の59歳男性、抗血栓療法の胃生検2010/12/23

12月2日の配信記事に続き、福島県の総合南東北病院の西野徳之氏が症例を提示。胃癌の判断が難しい場合、...

胃瘻、経腸栄養剤の前に白湯投入?2010/12/21

高齢者の胃瘻の是非に関心が集まるが、行わざるを得ない状況になっている。誤嚥性肺炎をいかに避けるかは重...

HPV検査、子宮頸癌の住民検診に?2010/12/16

最近、子宮頸癌検診にHPV(ヒトパピローマウイルス)検査を取り入れる動きがある。国際標準の細胞診との...

「サブクリニカルクッシング症候群」は治療対象か?2010/12/14

良性の副腎腫瘤から持続的にコルチゾールが分泌される疾患が注目されている。ホルモン値は正常値に近いが、...

70歳女性、主訴以外の中等度所見の検査は?2010/12/9

70歳女性。「一昨日から右まぶたが膿んで痛む」という訴えで受診。視診で小豆大の腫瘤があり霰粒腫と診断...

LDL-C治療、糖尿病ならば指針の20mg/dL超低値に?2010/12/7

最近、糖尿病の治療では、血糖管理以上にLDLコレステロール抑制が有用と分かってきた。診療指針は通常よ...

脳梗塞後の抗血栓療法、「胃生検時に休薬なし」は可能?2010/12/2

抗凝固薬や抗血小板薬を継続服用する脳梗塞既往者の胃内視鏡検査は珍しくない。ただし、胃癌疑い例で直ちに...

透析よりも先に腎移植?2010/11/30

透析導入前に腎移植に踏み切る「先行的腎移植」の動きが出ている。腎機能低下では透析導入が一般的だが、早...

へそからアプローチの単孔式腹腔鏡、胆嚢摘出術の標準になるか?2010/11/25

へそを切開し、1カ所のポートから腹腔鏡手術を行う単孔式が全国に広がっている。胆嚢摘出術は腹腔鏡が標準...

浅達性II度の熱傷、外来診療ではすべてラップ中心に対応可能?2010/11/23

8月、熱傷のラップを使う治療を調査したところ、半数の医師が「普及すべき」と答えた。実践者の中には、外...

高血圧の初診全例に原発性アルドステロン症の検査?2010/11/16

日本内分泌学会が原発性アルドステロン症の診療指針の最終版をまとめた。要点は高血圧初診全例で血漿アルド...

高齢者の入浴、170/95mmHg超でも許可?2010/11/9

高齢者の入浴は日常から介護のケースまでありふれたことだが、事故の懸念が伴う。特に介護現場で、医師が入...

内視鏡的粘膜下層剥離術ESD、未分化胃癌への適用は?2010/11/4

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、日本発の治療として消化器癌治療に拡大している。胃癌は分化癌が基本...

高齢者への胃瘻は本当に必要か?2010/11/2

寝たきり高齢者が経口摂食不能になると、胃瘻を含む経管栄養法が選択されることがある。誤嚥性肺炎やDIC...

尿カテ留置、在宅・介護の現場で膀胱洗浄は?2010/10/30

在宅医療や介護の現場で尿路カテーテルを膀胱留置するケースが増えている。尿路カテーテル留置の問題は閉塞...

糖尿病患者の血圧管理、緩徐か?厳格か?2010/10/28

糖尿病合併の高血圧患者の至適血圧の水準を決める根拠が揺らいでいる。海外で血圧が下がるほど有害事象が増...

医療従事者の雇用時、ツ反は必要なし2010/10/26

医療従事者の雇用時や学生実習時に、病院がツベルクリン反応の実施を求めるケースが多い。雇用時の結核感染...

ロボット手術「ダ・ビンチ」、日本の消化器癌治療で広がるか2010/10/23

この9月に死亡事例が報告され、改めて注目された手術支援ロボット「ダ・ビンチ」。手振れの防止、従来以上...

下肢痛ない慢性腰痛でも手術は選択肢になり得るか2010/10/21

腰痛はあらゆる疾患の中でも最も頻度の高い疾患だ。その中で、下肢痛のない場合は日本では一般的に手術しな...

イヌ・ネコによる咬傷、創内の洗浄は必要なし?2010/10/19

イヌやネコなどのペット、野生動物やヒトによる咬傷は創感染が起こりやすい。特に歯牙が脂肪層に達すると、...

腎細胞癌4cm以下で全摘ならば、病気腎移植も問題なし2010/10/16

宇和島徳洲会病院のグループが来年の高度医療申請に向けて準備を進める病気腎移植。学会は「原則禁止」の立...

全429件中 351-400件