m3.com トップ>医療維新>オピニオン

オピニオン
Page
指導・監査・処分の「3つの不幸」◆Vol.22012/4/11

4.3つの不幸の根底にあるもの筆者は、溝部訴訟を遂行する過程で、前記1、2の不幸を知り、本件各取消処...

指導・監査・処分の「3つの不幸」◆Vol.12012/4/5

はじめに保険診療をした後の法律関係(権利・義務関係)には、大きく分けて、2つの局面がある。保険医療機...

子持ち産婦人科女医・当直民事訴訟奮闘記◆Vol.32012/2/7

労働事件の時効は、民事事件で2年、刑事事件で3年です。もはや刈谷労働基準監督署に相手にされなくなって...

子持ち産婦人科女医・当直民事訴訟奮闘記◆Vol.22012/1/24

労働基準法はこのような文章で始まります。「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充...

子持ち産婦人科女医・当直民事訴訟奮闘記◆Vol.12012/1/19

私は2010年9月22日、名古屋地方裁判所に刈谷豊田総合病院(621床)を相手として、訴訟を起こしま...

南相馬市、『攻めの医師募集』プロジェクトの提案(2)2012/1/18

攻めの医師募集案2011年9月、私は、亀田総合病院の亀田信介院長と共に、南相馬市を訪問しました。桜井...

南相馬市、『攻めの医師募集』プロジェクトの提案(1)2012/1/16

原発事故による医療従事者の離職福島県南相馬市が含まれる相双医療圏は、従来、医師の少ない地域でした。ウ...

「異状死」の定義は要らない2011/11/18

医師法21条-「異状死」の法律ではない【法医学○×クイズ】問題「(医師法)第21条では、異状死の場合...

原点に返った医師法21条の再論考を2011/10/26

「診療関連死」ならば「異状死体届出」ではない診療関連の死亡事故が発生したからといって、医師が警察署に...

受診時定額負担は「弥縫策」にすぎず - 安達・中医協委員2011/8/9

政府・与党社会保障改革検討本部が6月30日に決定した、「社会保障・税の一体改革成案」に打ち出された「...

「社会保障改革案」には問題点多々あり2011/6/7

去る6月2日に開催された政府の「社会保障改革に関する集中検討会議」において、「社会保障改革案」が取り...

医科と調剤のレセプト突合点検で問題発生の懸念 2011/3/8

社会保険診療報酬支払基金本部は、診療報酬請求の原則電子化の実施に伴い、調剤レセプトの審査対象を、従来...

仙台筋弛緩剤事件、一審判決の三つの誤り2011/2/23

1.はじめに私は被告の代理人の弁護士から依頼を受け、いわゆる「仙台・筋弛緩剤事件」の医学的検証を行い...

医療事故に関与した医師への行政処分の最近の動向◆Vol.22011/2/16

拙著(犯罪学雑誌76(1)、12-24、2010)でも指摘したが、厚生労働省は行政処分の医業停止期間...

医療事故に関与した医師への行政処分の最近の動向◆Vol.12011/2/14

医師に対する行政処分は年2回実施される。前回は2010年9月22日で、厚生労働省医道審議会医道分科会...

データの積み重ねによって進歩したイレッサ治療2011/2/2

イレッサ国家賠償訴訟について、1月7日、東京、大阪両地方裁判所が和解勧告を出し、1月28日に国はこれ...

10月15日朝日新聞記事における重大な問題について2010/10/21

1.看過できない朝日新聞報道朝日新聞10月15日朝刊1面及び社会面に大々的に報道されたがんペプチドワ...

時間外労働時間の存在を認めつつ、「特定」避ける2010/10/5

8月26日奈良地裁は、奈良県立三室病院に勤務していた臨床研修医が死亡した事件について、被告である地方...

「院内感染で捜査」、医療は再び崩壊の懸念 2010/9/9

1.業務上過失致死傷罪で捜査9月3日、帝京大学医学部附属病院は、多剤耐性アシネトバクター・バウマニに...

「医療過誤」から「医療事故」に新聞報道はどう変化したか2010/8/17

医療事故(医療過誤)に関するメディア報道は、医療界に大きな影響を与えます。医療界に安全対策を促すこと...

Ai検討会で医師法21条廃止の現実化を - 弁護士・井上氏2010/6/21

1.Ai検討会への期待6月15日、厚生労働省でAi検討(死因究明に資する死亡時画像診断の活用に関する...

個別指導・監査の強化体制は廃止すべき - 弁護士・井上氏2010/5/27

厚生労働省は、行政事業レビューの公開プロセスを、医療分野に関しては5月31日(月)に行う(厚労省のホ...

東京女子医大院内事故調査委員会-亀田総合病院・小松氏◆Vol.32010/4/30

弁護士の陥穽弁護士が、紛争に関連した調査に関わることには、2つの問題がある。第一の問題は、弁護士が本...

医師と弁護士の責任を考える-亀田総合病院・小松氏◆Vol.22010/4/28

人権侵害調査委員会の報告書は、非科学的な調査に基づいて秘密裏に作成され、その過程で佐藤医師の意見を聞...

医師と弁護士の責任を考える -亀田総合病院・小松氏◆Vol.12010/4/26

外部調査委員会設置要求2009年12月5日の毎日新聞朝刊(東京)によると、東京女子医大で2009年4...

予防接種法改正は誰のため? - 医師・村重氏2010/4/21

新型インフルエンザのワクチンで注目を集めた予防接種法について、厚生労働省が今国会に提出した改正法案(...

日本医師会改革の論点 - 虎の門病院・小松氏2010/3/24

1.「日本医師会」の理念と立憲主義理念「人々の健康の維持向上と質の高い医療の公平で継続的な提供、それ...

厚労省による行政処分者数を激増させる日医委員会答申 - 弁護士・井上氏2010/3/18

1.日本医師会医療事故における責任問題検討委員会答申3月10日、日本医師会の「医療事故における責任問...

学会処分は行政処分の追認でいいのか2010/3/4

2010年2月25日、厚生労働省の医道審議会の答申に基づく医師らへの行政処分が公表された。おおむね1...

「子ども一時金」創設私案、出産育児一時金直接支払制度は廃止 -弁護士・井上氏2010/3/2

中小規模の産科医療機関と助産所を廃業の危機にさらした「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」...

全国初の適用は業務上過失致死傷罪、改正検察審査会法2010/2/1

2010年1月27日、改正検察審査会法に基づき、いわゆる強制起訴がなされることが決定した。昨年5月2...

「日本医師会よ、ともに戦おう」 - 虎の門病院・小松氏2010/1/28

「日本医師会の大罪」「日本医師会三分の計」など、刺激的なタイトルで雑誌やインターネット上で日本医師会...

「厚労官僚の火遊び」を許すな - 虎の門病院・小松氏2010/1/19

弁明の聴取佐藤一樹医師への、行政処分を前提とした「弁明の聴取」が近日中に開かれるとの情報が入った(「...

「再びボールは医療界に投げ返された」、川崎協同病院事件の最高裁決定2009/12/25

1.経緯本件は今から11年前(1998年)に起きた事案である。気管支喘息の重積発作により心肺停止状態...

医師は正々堂々と国民に「事業仕分け」の問題を主張すべき2009/12/2

井上清成氏本来、民主主義は、様々な分野の代表者が公開の場で議論して、妥協し、結論をまとめるもの。大切...

米国におけるペインマネジメントの現状2009/10/22

1.はじめに「ペインクリニック」はペイン、すなわち痛みの治療に特化した専門診療科であり、神経ブロック...

医療事故に対する刑事処罰の機運が高まる懸念 - 弁護士・木ノ元氏2009/5/13

1.はじめに今月21日より、従前の「検察審査会制度」が改められた「改正検察審査会法」が施行されること...

奈良・時間外手当等請求事件を読み解く- 弁護士・藤野氏2009/5/12

奈良地方裁判所平成21年4月22日判決(平成18年(行ウ)第16号時間外手当等請求事件)1.判決の要...

なぜ育たない日本の先端医療技術産業(下) - 東大医科研・上氏2009/4/3

2.躍進を続ける中国国内の医療機器メーカーは1万5300社。年間生産額は2.4兆円。輸出は年間760...

なぜ育たない日本の先端医療技術産業(上) - 東大医科研・上氏2009/3/31

今年1月骨髄移植フィルターが取り扱いメーカーの撤退で欠品の危機に陥った事態は、患者へ多大な不安を与え...

医師のプロ意識の崩壊が“医療崩壊”招く-米ワシントン大・加藤氏2009/3/4

最近の医療報道を眺めていると、わが国における医師という職業の社会的位置付けについて考えさせられる。福...

薬害を起こさないための薬事行政の見直しについて - 帝京大・堀氏2009/3/3

薬害の再発防止のための対策を講じる重要性は誰もが認めるところです。しかし、薬害肝炎が生じた当時と今と...

米国での終末期医療と「医学的無駄」について-米ワシントン大・加藤氏2009/1/28

日本社会が加速度的に高齢化する一方、科学技術は飛躍的に発展し続けるため、終末期医療の問題は今後ますま...

議論次第で医師の裁量権に大きく影響 - 帝京大・堀氏2009/1/22

厚生労働省の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」の第9回会議が1月...

呼吸器外しと「Physician-Assisted Suicide」- 厚労省・村重氏2008/12/15

12月11日、奇しくも同じ日に、対照的な2つの記事が掲載された。m3.comの『亀田総合病院院長・亀...

医療界の公を問う、「官への陳情は止めよう」-東大医科研・上氏2008/12/11

大野病院事件判決で始まりつつある医と法の対話去る2008年9月4日、福島県立大野病院産科医師逮捕事件...

都立病院の産婦人科医の立場から見た妊婦搬送問題(5)- 都立府中病院・桑江氏2008/11/28

3.周産期センターの看護師・助産師にもっと権限と医療技術を持ってもらう産科医不足が、当分の間、解決し...

都立病院の産婦人科医の立場から見た妊婦搬送問題(4)- 都立府中病院・桑江氏2008/11/25

2.医療、特に周産期医療にお金をかけるおよそ生物は、自分の種を残すことにその生の大部分の時間と労力を...

都立病院の産婦人科医の立場から見た妊婦搬送問題(3)- 都立府中病院・桑江氏2008/11/17

何をすればいいのか、という問いは今までにもあり、その解決方法も出尽くしている感がある。しかし最近は、...

都立病院の産婦人科医の立場から見た妊婦搬送問題(2)- 都立府中病院・桑江氏2008/11/12

4.医師側から見た病院の問題公立病院は、医師側から見れば、待遇の悪さなどの様々な働きにくさがある。以...

全470件中 401-450件