m3.com トップ>医療維新>レポート>島根大“事故調”事件を検証

レポート 島根大“事故調”事件を検証
事故の教訓生かし、医療の質・安全向上を◆Vol.52016/10/18

2006年に島根大“事故調”事件当時、島根大学産婦人科教授だった宮崎康二氏によると、本事件後、緊急帝...

島根大“事故調”事件を検証

裁判で「事故調報告書」を否定◆Vol.4 2016/10/12

「2008年2月6日付書面で、被告病院に対して、損害賠償金を請求した。被告病院は、平成20年3月28...

島根大“事故調”事件を検証

主治医へのヒアリング、1回5分のみ◆Vol.3 2016/9/28

「2回目の吸引分娩が失敗した12時22分頃には、手術室に帝王切開の準備を依頼しており、その後の吸引は...

島根大“事故調”事件を検証

院内事故調、「事実認定に誤りあり」◆Vol.22016/9/19

裁判所に提出された担当医らの「陳述書」によると、主治医だった産婦人科医Aは、卒後約5年の医師だが、約...

島根大“事故調”事件を検証

島根大“事故調”、患者と医師の悲劇◆Vol.12016/9/13

今年4月28日、最高裁判所で、島根大学医学部附属病院を訴えた医療事故訴訟の上告が棄却、産婦人科医の過...

島根大“事故調”事件を検証

全5件中 1-5件