m3.com トップ>医療維新>レポート>小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

レポート 小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」
Page
NEW誰もが泥舟から逃げ出そうとしている【連載小説「朔風」第128回】2018/1/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「本当に力足らずで、申し訳ありません」電話口で那...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

手を差し伸べてきたのは看護師たちだった【連載小説「朔風」第127回】2018/1/16

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【44】山根、まゆみ、健太朗の三者鳩首会談の後、...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

今夜で最後にするつもりなのだ…【連載小説「朔風」第126回】2018/1/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]その夜、健太朗とまゆみは寝た。いつものように周囲...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

心変わり【連載小説「朔風」第125回】2018/1/9

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]人の心は定かならない。あるとき、覗き込むともなく...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「作戦会議って言ったのは実は口実なの」【連載小説「朔風」第124回】2018/1/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【43】その夜、まゆみと待ち合わせた“ウルワシ”...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

どうせ夏が終わったら帰るんだから【連載小説「朔風」第123回】2018/1/2

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]実際、三人がこうやって鳩首凝議していたのは4月の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「市長のお手並み拝見かな」【連載小説「朔風」第122回】2017/12/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長による、大迫院長との“約束の反故”とその...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市長との話し合い【連載小説「朔風」第121回】2017/12/26

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【42】院長が亡くなって、時は激しく、速やかに推...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「吉川くんについて、どう思う?」【連載小説「朔風」第120回】2017/12/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]《吉川くんについて、どう思う?私が言うもでもなく...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

彼女についての記述【連載小説「朔風」第119回】2017/12/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大迫院長の健太朗へ宛てたメモ用箋はまだ他にもたく...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

院長の遺言【連載小説「朔風」第118回】2017/12/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]去年の三月、大迫院長が亡くなってから、すべては大...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

それから1年2カ月後【連載小説「朔風」第117回】2017/12/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【41】[1年2カ月後]手術室にテレマンのパルテ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

会話はほとんど弾まなかった【連載小説「朔風」第116回】2017/12/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【40】結局、健太朗と山根、大島の三人は吉川まゆ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ずっと傍にいるから」【連載小説「朔風」第115回】2017/12/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]実際、まゆみは三人がそんな議論を重ねていたこの時...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

二人の関係【連載小説「朔風」第114回】2017/12/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大島結美の意見はたぶん当たっていた。というか、結...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第113回】2017/11/28

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大迫さんの容態についてご説明申し上げます。――と...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「やって来るのが遅すぎます!」【連載小説「朔風」第112回】2017/11/24

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]山根が重ねて訊いた。「じゃあ院長先生は大丈夫、助...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「院長先生の容態が急変しました」【連載小説「朔風」第111回】2017/11/21

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]まゆみから再び電話が入ったのは、翌日。昼休みが終...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

一種の運命だと思って【連載小説「朔風」第110回】2017/11/17

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]――城戸先生!俯きかげんで、白日夢めいた感覚に陥...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

再びデジャヴの中で【連載小説「朔風」第109回】2017/11/14

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「苫小牧に搬送されると訊いたが、私の状態はそんな...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

先生、院長先生がお話になりたいそうです【連載小説「朔風」第108回】2017/11/10

無題ドキュメント[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すみません、先生方!」山根と健...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「大、丈、夫だ……」【連載小説「朔風」第107回】2017/11/7

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]吉川まゆみの顔面は蒼白になっていた。振り返った健...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「……このまま病院まで運んでくれ」【連載小説「朔風」第106回】2017/11/3

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の瞳孔に問題はなかった。しかもきちんと意識が...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

どうしたんです? しっかりしてください!【連載小説「朔風」第105回】2017/10/31

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]別れにあたって那須と院長はいま、健太朗が二人を見...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

そう言って、と耳打ちしたのだった【連載小説「朔風」第104回】2017/10/27

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]那須は三泊四日、バトラー病院と富産別を調査・分析...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

コンサルタントの調査【連載小説「朔風」第103回】2017/10/24

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]コンサルタントの那須洋介は富産別に到着すると、大...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】2017/10/20

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「いやぁ、城戸先生の仰るとおりだ。今どきこんな風...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】2017/10/17

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【36】大迫院長の精力的な動きは、院長自身が言う...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】2017/10/13

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]めまいは方便と言われて健太朗は、まゆみの言い分に...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】2017/10/10

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の容態はその場で直ぐに回復した。というか、吉...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】2017/10/6

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長は約束を守った。しかも迅速に守った。当選...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】2017/10/3

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙は即日開票。当落は夜の10時頃には大勢が決す...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】2017/9/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙の日はすぐにやって来た。富産別市の有権者数は...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】2017/9/26

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]富産別の市長選は2月21日が告示日。それから一週...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】2017/9/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すべては大迫さんの睨んだ通りじゃないですか?」...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大島結美が言っていた村田市議側と北大の山内教授の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】2017/9/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生がそんな突き放した見方をしているんじゃ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【33】札幌出張の後、時間は速やかに流れた。整形...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】2017/9/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]人の心の中は、手に取ってみようとしても叶わない。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】2017/9/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]まゆみの荷物を部屋に置き、二人でロビーに取って返...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】2017/9/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長が検査のために大学病院、健太朗は消化器外科学...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】2017/8/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]――もしもし。バスタオルで頭髪を吹きながら、健太...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ベッドサイドに置いていた携帯が鳴った【連載小説「朔風」第86回】2017/8/25

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]那須洋介を囲んでの会話はその後、場所をススキノ近...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「『病院をやめてしまえ!』というのは、どう考えても乱暴な意見でしょう」【連載小説「朔風」第85回】2017/8/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]バトラー病院にはまだ望みがある?いったい何を上か...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】2017/8/18

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]飯島たちと別れ、消化器外科の学会の分科会に顔を出...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「オマエを北斗医大の医局に迎え入れたいくらいだよ」【連載小説「朔風」第83回】2017/8/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【30】札幌に着くと、健太朗は院長と分かれて、某...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

事務方だけはそのまま既得権は死守という訳だ【連載小説「朔風」第82回】2017/8/11

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]健太朗は励ますつもりで、あえて院長に言った。「コ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「おかしなことはしませんから」【連載小説「朔風」第81回】2017/8/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]結局、健太朗は大迫院長とともに2泊3日で札幌に出...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

一緒にコンサルに会ってもらえないか【連載小説「朔風」第80回】2017/8/4

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長先生は身体に問題がある。――そう睨んで、院長...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ただ念のためだよ。主治医の先生?」【連載小説「朔風」第79回】2017/8/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【29】「――もう結果は出ているんだよね?」電話...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

Page
全130件中 1-50件