m3.com トップ>医療維新>レポート>小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

レポート 小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」
Page
結局は薄っぺらなその場しのぎの改革になるのでは?【連載小説「朔風」第102回】2017/10/20

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「いやぁ、城戸先生の仰るとおりだ。今どきこんな風...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

富産別の現状を知ってもらう【連載小説「朔風」第101回】2017/10/17

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【36】大迫院長の精力的な動きは、院長自身が言う...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

わたしは院長の”お気に入り”ですから【連載小説「朔風」第100回】2017/10/13

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]めまいは方便と言われて健太朗は、まゆみの言い分に...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

今回の「査問騒動」のあらまし【連載小説「朔風」第99回】2017/10/10

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長の容態はその場で直ぐに回復した。というか、吉...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

謀反を起こすような人は一緒にはやっていけない【連載小説「朔風」第98回】2017/10/6

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]金子市長は約束を守った。しかも迅速に守った。当選...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

発表は12時近くにまでずれ込んだ【連載小説「朔風」第97回】2017/10/3

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙は即日開票。当落は夜の10時頃には大勢が決す...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「結局、みんな自分の都合しか考えていない」【連載小説「朔風」第96回】2017/9/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]選挙の日はすぐにやって来た。富産別市の有権者数は...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「先生はもう少し大人の男っぽいものを」【連載小説「朔風」第95回】2017/9/26

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]富産別の市長選は2月21日が告示日。それから一週...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「病棟だってバッサリ削ってもいい」【連載小説「朔風」第94回】2017/9/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「すべては大迫さんの睨んだ通りじゃないですか?」...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市長と院長、二人の直接交渉【連載小説「朔風」第93回】 2017/9/19

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]大島結美が言っていた村田市議側と北大の山内教授の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「先生たちの説得が効いたのでは?」【連載小説「朔風」第92回】2017/9/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生がそんな突き放した見方をしているんじゃ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「このまま市立病院として存続できるとは思われないよ」【連載小説「朔風」第91回】 2017/9/12

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【33】札幌出張の後、時間は速やかに流れた。整形...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

不安とも恍惚ともつかぬ余韻【連載小説「朔風」第90回】2017/9/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]人の心の中は、手に取ってみようとしても叶わない。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

いくらでも邪推が可能な言い方だったが【連載小説「朔風」第89回】2017/9/5

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]まゆみの荷物を部屋に置き、二人でロビーに取って返...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「やっと二人っきりになれたわね」【連載小説「朔風」第88回】2017/9/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長が検査のために大学病院、健太朗は消化器外科学...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

別れた妻からの電話【連載小説「朔風」第87回】2017/8/29

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]――もしもし。バスタオルで頭髪を吹きながら、健太...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ベッドサイドに置いていた携帯が鳴った【連載小説「朔風」第86回】2017/8/25

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]那須洋介を囲んでの会話はその後、場所をススキノ近...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「『病院をやめてしまえ!』というのは、どう考えても乱暴な意見でしょう」【連載小説「朔風」第85回】2017/8/22

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]バトラー病院にはまだ望みがある?いったい何を上か...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

先生の仰るとおりまだ望みがあります【連載小説「朔風」第84回】2017/8/18

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]飯島たちと別れ、消化器外科の学会の分科会に顔を出...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「オマエを北斗医大の医局に迎え入れたいくらいだよ」【連載小説「朔風」第83回】2017/8/15

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【30】札幌に着くと、健太朗は院長と分かれて、某...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

事務方だけはそのまま既得権は死守という訳だ【連載小説「朔風」第82回】2017/8/11

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]健太朗は励ますつもりで、あえて院長に言った。「コ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「おかしなことはしませんから」【連載小説「朔風」第81回】2017/8/8

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]結局、健太朗は大迫院長とともに2泊3日で札幌に出...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

一緒にコンサルに会ってもらえないか【連載小説「朔風」第80回】2017/8/4

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]院長先生は身体に問題がある。――そう睨んで、院長...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ただ念のためだよ。主治医の先生?」【連載小説「朔風」第79回】2017/8/1

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【29】「――もう結果は出ているんだよね?」電話...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

検査の結果をお知りになりたいそうです【連載小説「朔風」第78回】2017/7/28

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]インフルエンザワクチンの接種に託(かこ)つけた大...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「院長の変調には気づいていた?」【連載小説「朔風」第77回】2017/7/25

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生だけどさ」と改善会議が終わって外科の準...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

結美はわざと健太朗を刺激するところがある【連載小説「朔風」第76回】2017/7/21

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【28】「……そうか、そんなことがあったのか?ナ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

あなたのお部屋がどんな様子なのか興味があるし…【連載小説「朔風」第75回】2017/7/18

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「何だか面倒くさそうね」と携帯の画面を差し出され...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ボクを引き込むために、いっしょに寝たのか【連載小説「朔風」第74回】2017/7/14

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【27】「魚心あれば水心、と言っていたよね……」...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「私たちは先生たちの味方です、と」【連載小説「朔風」第73回】2017/7/11

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「仰ることはよく分かりました」と健太朗は言った。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

何を言い出すんだろう【連載小説「朔風」第72回】2017/7/7

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]村田市議は教職員組合上がりの、左翼がかった思想の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

それなりに人間関係は複雑なんですよ【連載小説「朔風」第71回】2017/7/4

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「これは、これは……」と健太朗と吉川は三人に会釈...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

争点の一つは病院の扱いにある【連載小説「朔風」第70回】2017/6/30

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【26】翌日から大迫院長の指示の下、健太朗たちは...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

彼はちいさく高ぶっていた【連載小説「朔風」第69回】2017/6/27

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]別に本気で彼らのオルグに乗ったわけではない。自分...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

まだまだ希望はありますよ【連載小説「朔風」第68回】2017/6/23

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「それで結局、杉谷先生はバトラー病院にお呼びでき...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

分派活動をしているらしい【連載小説「朔風」第67回】2017/6/20

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【25】夜の8時、健太朗はまゆみと一緒に、青柳町...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

この娘との間では余計な会話が増えてしまう【連載小説「朔風」第66回】2017/6/16

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]健太朗は首をひねった。院長は結局、俺に何を言いた...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「昨夜はどうでした?」【連載小説「朔風」第65回】2017/6/13

[連載第1回はこちら]【24】――おはようございます。――ああ、おはよう。翌朝、健太朗はバトラー病院...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「どうしてこうなったかなんて、訊かないで」【連載小説「朔風」第64回】2017/6/9

[連載第1回はこちら]人の心は定かならない。風向き次第でどのようにも形を変える。ときにどんなに注意し...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

院長先生とわたしの関係【連載小説「朔風」第63回】 2017/6/6

[連載第1回はこちら]……結局、その夜、吉川まゆみは健太朗にけっこう言いたい放題で、批判的な言辞を交...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

わざと露悪的に振る舞っているのでは?【連載小説「朔風」第62回】2017/6/2

[連載第1回はこちら]「じゃあ、ボクも同じものを一つ」そう明美に告げて、吉川まゆみとカウンターの止ま...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

艶然と揺れていた瞳【連載小説「朔風」第61回】  2017/5/30

[連載第1回はこちら]【23】ようやっとのこと8人分の調査票を書き上げ、事務の窓口に預けはしたものの...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

どこがどうとは分からぬが、非常にマズい展開だった【連載小説「朔風」第60回】2017/5/26

[連載第1回はこちら]吉川まゆみは、いったい何が言いたいのだろう?彼女が大迫院長と気持ちを一つにして...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「それですよ、わたしたちが先生を信頼できるのは」【連載小説「朔風」第59回】2017/5/23

[連載第1回はこちら]「院長先生から聞きましたが、杉谷先生がうちの病院に来たがっているというのは本当...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】2017/5/19

[連載第1回はこちら]ハッキリ言って飯島には何と答えていいか、判らなかった。杉谷が何をとち狂ったのか...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」【連載小説「朔風」第57回】 2017/5/16

[連載第1回はこちら]「健太朗、おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」「えっ?何だい、それ?...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

俺はいったい何をやっているのか?【連載小説「朔風」第56回】 2017/5/12

[連載第1回はこちら]【21】結局、その夜は大迫院長の言葉を振り切るようにして、院長室を後にした健太...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

健太朗は鼻白んだ【連載小説「朔風」第55回】 2017/5/9

[連載第1回はこちら]健太朗は院長に見つめられて、苦し紛れに言った。「そういえば先生は、例の陸前会病...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

カクテル越しの会話【連載小説「朔風」第54回】2017/5/5

[連載第1回はこちら]津山については、『ウルワシ』で吉川からの相談というよりも、抗議にちかい強い拒絶...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「病院の経営権は私たち医師が握る」【連載小説「朔風」第53回】2017/5/2

[連載第1回はこちら]【20】白羽の矢、という言葉が健太朗を警戒させた。自分がこの富産別バトラー病院...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

Page
全104件中 1-50件