m3.com トップ>医療維新>レポート>2018秋◆著者インタビュー

レポート 2018秋◆著者インタビュー
「物語を通して細胞の働きを紹介する漫画らしい」と気付いた - 『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.32018/12/9

――どういう方に、どういう風に読んでもらいたいと描かれていますか?「擬人化もので行こう」と担当編集さ...

2018秋◆著者インタビュー

「現場を経験したらご都合主義は書けない」-医師で作家・久坂部羊氏に聞く◆Vol.32018/12/8

久坂部羊氏──本書を読んでいて、「どこまでが医療の責任なのか」のラインを引くことが非常に難しいと感じ...

2018秋◆著者インタビュー

論文説明は絶望で終わる-名郷直樹・武蔵国分寺公園クリニック院長に聞く◆Vol.32018/12/5

名郷直樹氏──1990年代に始まったEBMの動き、名郷先生は中心となって活動をされていますが、変化は...

2018秋◆著者インタビュー

10%も6%も患者にとっては同じ-名郷直樹・武蔵国分寺公園クリニック院長に聞く◆Vol.22018/12/2

──患者にはこの本を通じてどのようなことを知ってほしいと考えていますか。「今の医師も同じようによく間...

2018秋◆著者インタビュー

アニメ化で子供たちにも人気に -『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.22018/12/1

――『はたらく細胞』は、免疫の専門的な内容を扱う一方で、細胞たちが細菌などの敵と戦うといった、エンタ...

2018秋◆著者インタビュー

現役の医師が「言えない」ことを書く-医師で作家・久坂部羊氏に聞く◆Vol.22018/12/1

──本書ではさまざまな登場人物が描かれていますが、その中で医師のほとんどが医療の限界を感じています。...

2018秋◆著者インタビュー

「愛情も医療もやり過ぎると恐ろしい」-医師で作家・久坂部羊氏に聞く◆Vol.12018/11/25

「もし、君が僕の葬式に来てくれるようなことになったら、そのときは僕を祝福してくれ」。そんな言葉を残し...

2018秋◆著者インタビュー

高校生の妹のために描いた漫画から生まれた - 『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.12018/11/24

赤血球や白血球、マクロファージなど体で働く細胞たちを擬人化し、細菌やウイルスと戦う様子を描いた漫画『...

2018秋◆著者インタビュー

明治から医師は進歩していない-名郷直樹・武蔵国分寺公園クリニック院長に聞く◆Vol.12018/11/24

「がん検診は本当に受けた方がいい?」「脳卒中とコレステロールの関係は?」「血糖コントロールは緩い方が...

2018秋◆著者インタビュー

埋もれかけた文書の山 - 岩手医大創設者・三田俊次郎の足跡2018/11/23

岩手医科大学の前身である岩手医学専門学校を創設した三田俊次郎。明治から大正、昭和の三代にわたり、盛岡...

2018秋◆著者インタビュー

熱い情報発信「きっかけはNYでの極貧生活」 - 岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.32018/11/22

――先生はたくさんの書籍を出版していて、寄稿もされて、ご自身のブログも頻回に更新しています。熱い気持...

2018秋◆著者インタビュー

「ボケとツッコミ」で診療に役立つ英語を学ぶ - 岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.22018/11/14

――最新著書の『Dr.イワケンのねころんで読める英語論文』には、日本の診療に疑問を投げかけるような熱...

2018秋◆著者インタビュー

なぜ医師の診療パターンに違いがあるか?- 大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol.32018/11/13

――『医療現場の行動経済学』の第3部の全体のテーマは、「医療者の意思決定」です。行動経済学で見られる...

2018秋◆著者インタビュー

週5日はネット・携帯なしで小説執筆、週1日は医師―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vol.32018/11/11

――今の時代、目指すロールモデルのようなものを持たない若い人は少なくありません。先生も、こうなりたい...

2018秋◆著者インタビュー

「なんとなく」で診療しないために - 岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.12018/11/9

感染症に関する多数の著書に加えて、後輩医師の指導法や、専門医を持っている漢方関係、そして時間の使い方...

2018秋◆著者インタビュー

患者の行動変容、「ナッジ」が効果的 - 大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol.22018/11/6

――世界的に見ても、医療の分野に行動経済学の概念を当てはめようという動きは、最近のことなのでしょうか...

2018秋◆著者インタビュー

「小説家になるために内科医になった」―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vol.22018/11/4

――小説はエンターテインメントであると同時に、メッセージを伝えたいという作家もいらっしゃいます。先生...

2018秋◆著者インタビュー

依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.32018/11/3

――薬物依存症専門の道を先生が歩まれたのはなぜでしょうか。本当は嫌々だったんですけれど、じゃんけんで...

2018秋◆著者インタビュー

なぜ医師と患者はすれ違うのか? - 大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol.12018/10/29

「なぜ患者さんは治療方針を決められないのか」「なぜお医者さんは不安な気持ちをわかってくれないのか」こ...

2018秋◆著者インタビュー

「優子、行ける?」と聞かれたら、再び紛争地へ - 白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆Vol.32018/10/27

――白川さん自身は、日本で看護師免許を取得した後、オーストラリアン・カソリック大学看護学部を卒業、そ...

2018秋◆著者インタビュー

臨床研修一期生の小説家が描く「今のリアルな医師像」―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vol.12018/10/26

週に5日は小説を書き、週に1日は内科医として勤務する――。医師として働きながら、3カ月に1冊のペース...

2018秋◆著者インタビュー

紛争地での援助活動、「NO!」と言わない訳 - 白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆Vol.22018/10/20

――白川さん自身、南スーダンでは本当に危ない目に遭っています。到着初日は、治安は良かったのに、翌日か...

2018秋◆著者インタビュー

処方する医師が依存症の患者を生み出す―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.22018/10/14

――患者さんの治療や回復につなげるために、依存症治療専門外の医師ができることは具体的にどのような情報...

2018秋◆著者インタビュー

理想の医療など、紛争地には存在しない - 白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆Vol.12018/10/8

シリアでは、民家を改造した“病院”の屋上に、マットレス1枚を敷き、蚊帳を張って就寝。南スーダンのマラ...

2018秋◆著者インタビュー

「患者から覚せい剤成分検出で通報」良い医師か?―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.12018/10/7

「薬物依存症には一般の人も医師の間にも誤解があり、そのために患者の治療につながっていない」――。長年...

2018秋◆著者インタビュー

労基署の介入、医療不信時の警察と同じ違和感 - 山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長に聞く◆Vol.22018/10/5

――改めて審議会の委員の活動についてお話をお伺いします。2017年度は国で29、医療団体なども含める...

2018秋◆著者インタビュー

29の政府審議会で委員「医療を受ける側の声を」-山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長に聞く◆Vol.12018/10/1

-山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長に聞く29の政府審議会で委員「医療...

2018秋◆著者インタビュー

全27件中 1-27件