m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>平成の医療史30年

地域情報(県別) 平成の医療史30年
Page
「つながり、共創、イノベーション」がカギ【平成の医療史30年◆医療事故編】2019/6/15

――では、医療事故に対する患者や国民、メディアの見方や理解は、この10~20年、変化しているとお考え...

平成の医療史30年

医療安全、「美味しいスープ」づくりに等しい【平成の医療史30年◆医療事故編】2019/6/8

――「医療安全は、失敗のないこと」という発想からの転換が必要とのことですが、阪大病院の場合、どんなデ...

平成の医療史30年

「マニュアルによる安全対策」限界、「レジリエンス」の実装を【平成の医療史30年◆医療事故編】2019/6/4

――事故の原因にパッチを当てるやり方には限界があることから、先生は2010年代の初めからレジリエンス...

平成の医療史30年

「成功への王道なし」、自身で道を切り拓け【平成の医療史◆特別編】2019/5/30

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

インシデント報告から手探りで学んできた20年【平成の医療史30年◆医療事故編】2019/5/28

大学病院を含め、医療機関の中でいち早く医療安全への取り組みに着手、今でも全国のモデルとなる取り組みを...

平成の医療史30年

東大医学部の世界ランキング、向上に貢献【平成の医療史◆特別編】2019/5/27

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

1999年以降、医療事故が刑事事件化【平成の医療史30年◆医療事故編】2019/5/26

医療事故の平成時代の“元年”と言えるのは、1999年。1月の横浜市立大学の“患者取り違え事故”、2月...

平成の医療史30年

ビジョン検討会「炎上するなら私が」【平成の医療史◆特別編】2019/5/24

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

「保健医療2035」、塩崎元厚労相の一本の電話から【平成の医療史◆特別編】2019/5/21

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

Lancet日本特集号を監修、教室発展の契機に【平成の医療史◆特別編】2019/5/18

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

東大教授に就任、「大変な選択肢選べ」が後押し【平成の医療史◆特別編】2019/5/15

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

WHO事務局長選挙のあおり、不遇の時代も【平成の医療史◆特別編】2019/5/12

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

ハーバード大留学、一時は帰国もWHOへ【平成の医療史◆特別編】2019/5/9

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

医局所属せずキャリア拓く、恩師との出会い【平成の医療史◆特別編】2019/5/6

【渋谷健司・前東京大学教授の「私の医歴書」】Vol.1◆東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジVol...

平成の医療史30年

東大教授を辞任、英国で新たなチャレンジ【平成の医療史◆特別編】2019/5/3

2015年の「保健医療2035」、2017年の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビ...

平成の医療史30年

新興感染症対策の基礎は「日常的な上気道炎」の診療【平成の医療史30年◆新型インフル編】2019/4/29

――厚労省への批判に「現場を知らない」というものがありますね。現場から来た臨床医としての葛藤などはあ...

平成の医療史30年

「致死率0.4%」の衝撃と水際対策で手にした「2週間」【平成の医療史30年◆新型インフル編】2019/4/26

――感染症対策については、完全に抑え込むのが不可能なのであれば、そもそも必要なのかという議論にもなり...

平成の医療史30年

新型インフルの初期対応は「大型連休に助けられた」【平成の医療史30年◆新型インフル編】2019/4/24

2009年3月、豚由来のインフルエンザA型ウイルスがメキシコで発生し、その後、「新型インフルエンザ」...

平成の医療史30年

「研究人材養成とデータガバナンス」が今後の課題【平成の医療史30年◆特別編】2019/4/20

【末松誠・AMED理事長に聞く】Vol.1ダボス会議で「人生100年時代」を議論Vol.2IRUD(...

平成の医療史30年

IRUD(未診断疾患イニシアチブ)で大きな成果【平成の医療史30年◆特別編】2019/4/15

【末松誠・AMED理事長に聞く】Vol.1ダボス会議で「人生100年時代」を議論Vol.2IRUD(...

平成の医療史30年

「ポスト平成」は社会保障の第3ステージ【平成の医療史30年◆特別編】2019/4/13

【横倉日医会長×小泉衆院議員人生100年時代を語る】Vol.1日医会長と小泉議員の「人生100年時代...

平成の医療史30年

ダボス会議で「人生100年時代」を議論【平成の医療史30年◆特別編】2019/4/8

日本の医学研究の相対的低下が懸念される中、2015年4月に発足したのが、日本医療研究開発機構(AME...

平成の医療史30年

変わる医師の役割、将来の医療の課題は?【平成の医療史30年◆特別編】2019/4/6

【横倉日医会長×小泉衆院議員人生100年時代を語る】Vol.1日医会長と小泉議員の「人生100年時代...

平成の医療史30年

「楽後」を支える、かかりつけ医の役割大【平成の医療史30年◆特別編】2019/3/31

【横倉日医会長×小泉衆院議員人生100年時代を語る】Vol.1日医会長と小泉議員の「人生100年時代...

平成の医療史30年

もう一つの“医療危機”、基礎目指す医師減少【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/30

――研究環境悪化に加えて、基礎研究を志向する医学生、医師も減っているとお聞きしています。東大医学部の...

平成の医療史30年

「働く」の意味を再定義、「社会参加」へ【平成の医療史30年◆特別編】2019/3/23

【横倉日医会長×小泉衆院議員人生100年時代を語る】Vol.1日医会長と小泉議員の「人生100年時代...

平成の医療史30年

大学の研究力低下、二つの“荒波”が原因【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/22

臨床、教育、研究――。これら3本柱を担い、医療をけん引している大学医学部とその付属病院。平成の時代を...

平成の医療史30年

「最後の砦」大学に財政的支援を【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/21

――大学病院にとっては、ここに来て、「医師の働き方改革」という課題もクローズアップされるようになりま...

平成の医療史30年

日医会長と小泉議員の「人生100年時代」【平成の医療史30年◆特別編】2019/3/19

今や時代のキーワードになったと言える「人生100年時代」。その生みの親と言えるのが、自民党の小泉進次...

平成の医療史30年

大学勤務医の臨床の比重増加、経営悪化で【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/17

――その上、国立大学病院にとっては、控除対象外消費税の問題もあります。2014年度に消費税率が5%か...

平成の医療史30年

2004年度の国立大学法人化が最大の転機【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/13

平成の30年間で、大学の中でも、特に経営環境が大きく変わったのが、国立大学病院だ。2004年度の国立...

平成の医療史30年

2000年代以降、科学立国の危機に【平成の医療史30年◆大学編】2019/3/12

臨床、研究、教育の3本柱が求められる大学。その役割、位置付けが大きく変化したのが、この平成30年間だ...

平成の医療史30年

30年後の未来、生涯現役?リタイア?【平成の医療史30年◆特別編】2019/3/9

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

ネット黎明期が「一番悪かった」【平成の医療史30年◆がん告知編】2019/3/8

──治療法の進歩以外に、告知が進んだ背景には、社会や患者側の変化はありましたか。それはもちろんありま...

平成の医療史30年

告知できるのは選択肢が増えたから【平成の医療史30年◆がん告知編】2019/3/6

がん告知率の変化を現場の医師はどのように感じていたのか。1985年に大学を卒業、1991年(平成3年...

平成の医療史30年

「医師の裁量の範囲」から「義務」へ【平成の医療史30年◆がん告知編】2019/3/4

医師に任せる治療から、患者の自己決定を重視する治療へ──。治療方針について患者への説明が求められ、イ...

平成の医療史30年

次世代の医学教育への期待と課題【平成の医療史30年◆特別編】2019/3/2

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

DMAT、元々は広域搬送のためのチーム【平成の医療史30年◆災害医療編】2019/3/2

【平成の医療史30年◆災害医療編】DMAT、大規模災害ごと進化の歴史インタビューVol.1◆「東京D...

平成の医療史30年

HPVワクチン、「まず導入に当たり問題が」【平成の医療史30年◆予防接種行政編】2019/3/1

【平成の医療史30年◆予防接種行政編】川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏に聞くVol.11990年...

平成の医療史30年

東京DMAT、「都外派遣」はダメなの?【平成の医療史30年◆災害医療編】2019/2/25

【平成の医療史30年◆災害医療編】DMAT、大規模災害ごと進化の歴史インタビューVol.1◆「東京D...

平成の医療史30年

医療は発展、終着点は「死」の在り方【平成の医療史30年◆特別編】2019/2/23

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

「東京DMAT」創設、石原元都知事が突破口【平成の医療史30年◆災害医療編】2019/2/22

災害時にいち早く被災地に入る医療チームとして定着しているDMATだが、その創設には曲折があった。災害...

平成の医療史30年

DMAT、大規模災害ごと進化の歴史【平成の医療史30年◆災害医療編】2019/2/17

1995年(平成7年)阪神・淡路大震災と2011年(平成23年)東日本大震災を筆頭に、平成の30年間...

平成の医療史30年

「医療者のみで医療が完結」は終焉【平成の医療史30年◆特別編】2019/2/16

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

麻疹排除計画「風疹を同時に入れたのは大正解」【平成の医療史30年◆予防接種行政編】2019/2/15

【平成の医療史30年◆予防接種行政編】川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏に聞くVol.11990年...

平成の医療史30年

医局の役割、30年でどう変化?【平成の医療史30年◆特別編】2019/2/13

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

2000年改正でインフルエンザを追加したわけ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】2019/2/11

【平成の医療史30年◆予防接種行政編】川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏に聞くVol.11990年...

平成の医療史30年

今どきの学生、先輩世代にどう映る?【平成の医療史30年◆特別編】2019/2/9

【東大平成元年卒・6人の同窓会出席者(五十音順)】迫井正深先生(厚生労働省大臣官房審議官)野村幸世先...

平成の医療史30年

1990年代は予防接種「暗黒の時代」【平成の医療史30年◆予防接種行政編】2019/2/7

予防接種行政はワクチン開発・供給、制度の整備、国民への情報提供が重要な柱となる。1990年代からこれ...

平成の医療史30年

東大平成元年卒、30年後の「今」【平成の医療史30年◆特別編】2019/2/4

平成元年(1989年)卒の医師にとって、平成30年の医療史はまさに自身のキャリアと重なる。この30年...

平成の医療史30年

Page
全55件中 1-50件