m3.com トップ>医療維新>レポート>一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

レポート 一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画
Page
外科医をしているから子育てができないのではない-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.52020/9/20

中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の「憧れの人」に会いに行く対談企画「一介...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

外科医をしながら「お手伝いではないレベルで」家事育児をしたい-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.42020/9/6

念願叶い、やっとのことで、とーこ先生との対談となった。ずっとお話を伺いたかったのだ。現役の女性外科医...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

これからの女性外科医「スーパーウーマンでなくてもできる」- とーこ@腹外科田舎医◆Vol.32020/8/30

中山:とーこ先生はTwitterで子育ての状況を発信していますが、旦那さんとうまく勤務を組み合わせて...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師夫婦でも男性側の勤務調整ができない医局はある - とーこ@腹外科田舎医◆Vol.22020/8/23

中山:大都市圏などで修練したいという思いはあったりしたのでしょうか。僕自身で言うと、鹿児島大を卒業し...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

外科医志望の女子学生は「分かっていない」?- とーこ@腹外科田舎医◆Vol.12020/8/16

メディアでも活躍する14年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

感染症領域の風通しの良さ、羨ましくもある-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室医長◆Vol.42020/8/2

梅雨に入った6月の終わり、ある日の夜遅く。自宅で私はパソコンを開くと、エムスリー編集者のTさんと繋が...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

日本初の感染症を診断した経緯-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室医長◆Vol.32020/7/26

中山:改めてですが、忽那先生が医師、そして感染症医になろうと思ったきっかけをお聞かせいただけますでし...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

コロナ騒動での「本当にうれしい出来事」とは?-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室医長◆Vol.2 2020/7/19

中山:めちゃくちゃお忙しい中でも、忽那先生はYahoo!ニュース個人(※)でたくさん記事を書かれてい...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

新型コロナ「正直、全然読めなかった」-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室医長◆Vol.12020/7/12

メディアでも活躍する14年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「身を焦がすような競争、最後には勝つことへの渇望」-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教授◆Vol.42020/5/31

まだ寒い東北の3月某日、自宅の仕事部屋でPCを開いた。一軒家を借りられるのは、地方在住のメリットだ。...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

『最高のがん治療』という本を書いた理由-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教授◆Vol.32020/5/24

中山:大須賀先生はSNSや書籍などでの医療情報の発信にも積極的に取り組まれていますが、日米で違いは感...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

米国の大学「圧倒的に雑務が少ない」というメリット-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教授◆Vol.22020/5/17

中山:現在はアメリカの大学で助教授をされていますが、どのようなお仕事、例えば一日をどう過ごしているの...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

米国の医学研究、MDがない臨床教授も-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教授◆Vol.12020/5/10

メディアでも活躍する14年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

北原先生は「本当にモテたいのかも知れない」2020/2/23

10月も終わろうとしているある土曜日。病院での回診を終え、国産中古の愛車に乗り込み郡山駅へ。先日の台...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

英語が伝わらない中で臨床医がサバイブする秘訣―心臓外科医、北原大翔氏(メドスター ワシントン ホスピタル センター)◆Vol.42020/2/16

中山:よく「医師として働くならアメリカ、患者になるのだったら日本」と言われたりしますが、実際いかがで...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

心臓外科医として「年収1億円は稼ぎたい」―心臓外科医、北原大翔氏(メドスター ワシントン ホスピタル センター)◆Vol.32020/2/9

中山:現在はどういう一日を過ごされているのでしょうか。北原:今はフェローを卒業して、メドスターワシン...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

日本で8年間やってきた経験は米国で通用したか?―心臓外科医、北原大翔氏(メドスター ワシントン ホスピタル センター)◆Vol.22020/2/2

中山:先生の記事を見ると、病院を移る時には移る先の外科医がオペを見に来るとあったので、手技をかなり重...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「この男は世に出さなければならない」- 消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.42020/1/19

内視鏡外科学会、今回はワークショップでのプレゼンと白熱した議論を終えた後、桜木町駅へと歩く足を早める...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「テレビに出る医者」という色物感が出てしまう?―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.32020/1/12

中山:さて、ここからがいよいよ本論とも言えますが、メディアに出るようになって、良かったこと、悪かった...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師2人で全60章の新書の企画書を作成 - 消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.22020/1/5

中山:マスメディアで発信するようになったのはいつからでしょうか。山本:ブログを開設した年末には「時事...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

29歳で新聞読者欄に投稿「医師患者の関係変えるため」―消化管外科医、京都大学医学研究科博士課程・山本健人氏◆Vol.12019/12/29

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「家庭と外科医の両立、分担できている自信がない」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.42019/12/22

秋も深まる10月下旬の日曜日、回診を終えると郡山駅へ。空いている新幹線に乗り、東京のエムスリー本社へ...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

一番問いたいのは「家庭の仕事は半分やっていますか」―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.32019/12/15

中山:先生は大学にずっといらっしゃいますが、医学生の傾向に変化を感じたりしますか。野村:昔から変わら...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

東京大学の外科准教授はどんな生活?―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.22019/12/8

中山:先生が若手の頃はどのような働き方をされていたのでしょうか。野村:とても今の「働き方改革」の時代...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「見ているだけ」の時間で外科医は成長―野村幸世・東京大学消化管外科学准教授◆Vol.12019/12/1

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

システマティック・レビューは資金や環境が不十分でも実施できる研究-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授◆Vol.42019/11/24

久しぶりに京都に戻ってきたのは8月も半ばを過ぎたころ。いま学生として在籍している京大大学院のいつもの...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

コクランを「エビデンスのワンストップソリューションに」-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授◆Vol.32019/11/10

渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授:中山祐次郎・対談企画現時点で最も正しい医療情報が...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

世界中の論文を専門家が調べてピックアップしてくれる-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授◆Vol.22019/11/3

渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授:中山祐次郎・対談企画現時点で最も正しい医療情報が...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

現時点で最も正しい医療情報が分かる仕組み-渡辺範雄・コクランジャパン代表/京都大大学院准教授◆Vol.12019/10/27

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医療情報「良貨で悪貨を駆逐する」という戦略-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市原真氏)◆Vol.42019/10/6

ここ数年、毎年来ている札幌も、今年はずいぶんと蒸し暑かった。ある学会に参加する機会を得たので、ずっと...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

情報発信する医師の数は変わらずも拡散力が10倍に-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市原真氏)◆Vol.32019/9/22

中山:最近、SNSで発信をする医師が増えている印象がありますよね。市原:その点については、オフレコで...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

ニセ医学に勝てる武器「物語に裏打ちされた科学」-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市原真氏)◆Vol.22019/9/15

編集部:中山先生は『医者の本音』『がん外科医の本音』、市原先生は『Dr.ヤンデルの病院選び{...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

フォロワー10万人の医師アカウント、炎上は怖くない?-病理医ヤンデル(札幌厚生病院病理診断科・市原真氏)◆Vol.12019/9/8

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

時間外労働が1860時間、今の自分なら萎えるが、若手の時は?-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.42019/9/1

7月の早いある日。朝から郡山駅へ。7月でも福島県はまだそこまで暑くない。これが東北の気候なのだなと思...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「目標は母校をアジア1位の医学部に」-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.32019/8/25

中山:去年から僕も大学院に入ったのですが、大学病院にいる一番のメリットは研究ができることでしょうか。...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師が米国でMBAを取得、メリットとデメリット-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.22019/8/18

中山:アメリカでMBAを取ったときの話をお聞かせいただけますでしょうか。猪俣:私は2012年から3年...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

働き方改革の危惧「医師のやる気そがないか」-順天堂大学眼科助教・猪俣武範氏◆Vol.12019/8/11

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師も街に出よう。市井の人との対話を続けよう-タレント・声優の矢方美紀氏◆Vol.42019/8/4

梅雨に入る手前の6月初旬。まだ涼しい郡山の街に国産中古車を滑らせ、いつもの総合南東北病院へ。さっと朝...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「病気で出会った人、ずっと感謝していく」、がん経験を次の患者へ-タレント・声優の矢方美紀氏◆Vol.32019/7/28

中山:病気を公表することに対しては、ハードルはなかったのでしょうか。矢方:最初は公表しない方がいいか...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「一番役に立ったのは患者ブログの体験記」-タレント・声優の矢方美紀氏◆Vol.22019/7/21

中山:手術を受けた時、入院はどのくらいされていたのですか。矢方:10日ほどでした。中山:入院中は、し...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

元アイドルが乳がん、きっかけは「小林麻央さんの報道でセルフチェック」-タレント・声優の矢方美紀氏◆Vol.12019/7/14

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

時間制限なくしては、命を削って働いてしまうのが医師の性-神野正博・社会医療法人財団董仙会理事長◆Vol.42019/6/2

早朝に京都を出て、一路北陸へ。東京経由かと思いきや、福井出身の友人に聞くと、北陸は以前から関東よりも...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医療を変えるため、国会議員になるべきか-神野正博・社会医療法人財団董仙会理事長◆Vol.32019/5/26

中山:先生は現在、霞が関の委員会などいろいろな公的活動もされていますが、いつ頃から参加するようになっ...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医療の在り方を変えるには「医師の給与減?」-神野正博・社会医療法人財団董仙会理事長◆Vol.22019/5/19

中山:病院団体の幹部(全日本病院協会副会長など)として、神野先生は医師の働き方改革についても積極的に...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「上申という言葉やめろ」、病院改革の第一歩-神野正博・社会医療法人財団董仙会理事長◆Vol.12019/5/12

メディアでも活躍する13年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「医師のQOL」と「医療クオリティ」、てんびんの両端か?- NTT東日本関東病院消化器内科・港洋平氏◆Vol.52019/4/21

2月の中盤。まだ京都は寒い日が続く。朝一番の新幹線で上京し、テレビ局、新聞記者と会った後に、エムスリ...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

海外に通用するための技術を磨くには?- NTT東日本関東病院消化器内科・港洋平氏◆Vol.42019/4/14

中山日本に帰ってきてからはどうしているのでしょうか。今でも中国やヨーロッパによく行っているよね。港日...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師でも9時5時、1 カ月間の夏休み- NTT東日本関東病院消化器内科・港洋平氏◆Vol.32019/4/7

編集部ESDとはどのような手技なのでしょうか。港内視鏡的粘膜下層剥離術と呼ばれる手技です。一昔前まで...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

「ルー大柴以下」の英語力で海外指導 - NTT東日本関東病院消化器内科・港洋平氏◆Vol.22019/3/31

中山海外に行くようになったのはいつからでしょうか。港NTTの4年目、ちょうど医者10年目でスウェーデ...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

医師10年目で海外で臨床指導ができた訳- NTT東日本関東病院消化器内科・港洋平氏◆Vol.12019/3/24

メディアでも活躍する12年目の外科医、中山祐次郎氏(福島県郡山市の総合南東北病院外科)が医療界内外の...

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画

Page
全101件中 1-50件