m3.com トップ>医療維新>レポート>降圧剤論文問題と研究不正

レポート 降圧剤論文問題と研究不正
Page
金沢大、先進医療全停止相当と見解、厚労省2015/6/5

厚生労働省の先進医療会議(座長:猿田享男・慶応義塾大学名誉教授)が6月4日に開かれ、癌治療においてカ...

降圧剤論文問題と研究不正

「小室氏処分の権限なし」、東大と千葉大2015/4/2

東京大学は、千葉大学で実施された降圧剤「バルサルタン」の医師主導臨床研究「VARTStudy」につい...

降圧剤論文問題と研究不正

東大・小室教授を厳重注意、高血圧学会2015/3/31

降圧剤ディオバンを巡る臨床研究不正事件で、日本高血圧学会は、千葉大学のディオバン研究「VARTStu...

降圧剤論文問題と研究不正

不正論文から100以上引用、「学術進展に影響大」2015/3/24

熊本大大学院生命科学研究部の光山勝慶教授が、熊本大と大阪市立大の所属時に発表した論文9本に、存在しな...

降圧剤論文問題と研究不正

岐阜大医学部講師、研究不正で停職6カ月2015/3/24

岐阜大学は3月20日、論文に画像データの改ざんなどの不正があったとして、医学部附属病院の40歳代の男...

降圧剤論文問題と研究不正

京大研究者「広告内容知らず」、CASE-J2015/3/1

武田薬品工業の降圧剤ARB「ブロプレス」に関する臨床試験「CASE-J」の疑惑について、京都大学は2...

降圧剤論文問題と研究不正

ノバルティス社、15日間の業務停止命令2015/2/27

厚生労働省は2月27日、ノバルティスファーマ社に3264例の副作用報告遅れが見つかったことを受けて、...

降圧剤論文問題と研究不正

「企業役員らは、研究責任者回避を」、臨床研究2015/2/19

相次ぐ臨床研究の不正問題を受けて、全国医学部長病院長会議は「研究者主導臨床試験の実施にかかるガイドラ...

降圧剤論文問題と研究不正

名大や東京医科歯科大、不正指摘受け本調査へ(2015/2/9 訂正)2015/2/9

日本分子生物学会の会員らが運営するサイトの投稿欄で、昨年末から1月にかけて、生命科学分野の論文84本...

降圧剤論文問題と研究不正

高血圧学会、小室氏処分「検討中」2015/2/8

降圧剤「ディオバン」を巡る論文不正の問題で、日本高血圧学会は、2月7日までに、千葉大学の論文の最終著...

降圧剤論文問題と研究不正

名大「データの恣意操作なし」と最終報告2014/12/21

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」を巡る研究不正で、名古屋大学は12月19日、同大における...

降圧剤論文問題と研究不正

ノバ社、3264例の副作用未報告2014/12/17

ノバルティスファーマ社において、副作用の可能性のある未報告の有害事象が多く見つかった問題で、同社は1...

降圧剤論文問題と研究不正

慈恵医大、望月氏の客員教授取消、JHS最終報告2014/12/15

東京慈恵会医科大学で実施された降圧剤「ディオバン」の臨床研究「JikeiHeartStudy」(以下...

降圧剤論文問題と研究不正

研究不正「迅速・的確に対処」と声明2014/12/12

相次ぐ研究不正を受けて、日本学術会議と3つの大学団体が12月11日、共同で、「科学研究の健全性向上の...

降圧剤論文問題と研究不正

法規制の対象拡大も示唆、臨床研究2014/12/12

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

ディオバン事件から2年、法規制へ2014/11/27

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

「広告に用いる臨床研究」、法規制へ2014/11/7

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

臨床研究規制も省庁縦割りの壁、楠岡氏2014/10/30

日本製薬工業会は10月30日、メディア向けのフォーラムを開催し、国立病院機構大阪医療センター院長の楠...

降圧剤論文問題と研究不正

ブリストル社、不適切関与、東大の臨床研究に2014/10/28

ブリストルマイヤーズ社は10月27日、慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬「スプリセル(一般名:ダサチ...

降圧剤論文問題と研究不正

臨床研究規制、法制化へ、厚労省検討委2014/10/23

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

RCTの限界とPROBE法の問題2014/10/22

日本高血圧学会の総会が10月17日から19日にかけて横浜で開かれた。降圧剤「ディオバン」を巡る論文不...

降圧剤論文問題と研究不正

千葉大、教授を戒告処分、ディオバン問題で2014/10/21

降圧剤「ディオバン」を巡る論文不正事件の問題で、千葉大学は10月20日、同大の降圧剤論文「theVa...

降圧剤論文問題と研究不正

「高血圧学会幹部は謝罪を」、ディオバンのメディア広告で桑島氏2014/10/21

ディオバンの研究不正事件を受けて、事件が社会的に認知される前から、試験結果に疑問を呈してきた桑島巌氏...

降圧剤論文問題と研究不正

「遺伝子治療にも支援を」、再生医療盛り上がりで訴え2014/10/7

国立成育医療センター研究所成育遺伝研究部部長の小野寺雅史氏が10月7日、メディア向けに、小児領域の難...

降圧剤論文問題と研究不正

武田、臨床研究不正の再発防止策を公表2014/10/6

降圧剤「ブロプレス」の臨床研究Case-Jについて不適切な関与を受けて、武田薬品工業は10月3日、再...

降圧剤論文問題と研究不正

資金や労務提供の法規制「慎重に」との指摘2014/10/2

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

“粗悪な製品”を作る日本で良いか - 大津敦・国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長に聞く◆Vol.32014/10/2

――ディオバンの研究は、デザインがそもそも海外の研究の“焼き直し”という指摘もありました。その点から...

降圧剤論文問題と研究不正

日本の臨床研究、数の集約化で質向上を - 大津敦・国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長に聞く◆Vol.22014/9/30

――日本の研究者主導の臨床研究が、ICH/GCPに準拠していないのは、どのような背景があるのでしょう...

降圧剤論文問題と研究不正

研究不正対応不備なら間接経費停止も2014/9/26

文部科学省は9月25日、来年4月から適用する「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン...

降圧剤論文問題と研究不正

臨床研究の法制化、不可避 - 大津敦・国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター長に聞く◆Vol.12014/9/25

臨床研究の透明性確保に関する法制度などの新しいルールが、厚生労働省の「臨床研究に係る制度の在り方に関...

降圧剤論文問題と研究不正

“重篤副作用”2579症例報告漏れ、ノバ社2014/9/1

ノバルティスファーマ社の慢性骨髄性白血病(CML)治療薬に関する副作用報告が遅延する薬事法違反で改善...

降圧剤論文問題と研究不正

ノバ社に厚労省が業務改善命令、副作用報告漏れ2014/8/1

慢性骨髄性白血病(CML)治療薬に関する副作用報告が遅延する薬事法違反の事実があったとして、厚生労働...

降圧剤論文問題と研究不正

研究者にGCP研修要求、臨床研究でノバ社2014/7/24

ノバルティス社は、医師主導臨床研究(IIT)に関するグローバルガイドラインを新たに策定し、7月24日...

降圧剤論文問題と研究不正

研究者への罰則導入求める案も、厚労省臨床研究検討会2014/7/24

ノバルティスファーマ社の降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度...

降圧剤論文問題と研究不正

慈恵医大、講師を懲戒解雇、科研費不正2014/7/19

東京慈恵会医科大学は7月18日、同大総合健診・予防医学センターの高橋宏樹・元講師が11年間にわたり、...

降圧剤論文問題と研究不正

千葉大、不可解証言放置で幕引き、VART論文調査2014/7/16

降圧剤「ディオバン」(販売元:ノバルティスファーマ社)を巡る論文不正疑惑で、千葉大学は7月15日、同...

降圧剤論文問題と研究不正

商業的資金提供ゼロの方針、ノバルティス社2014/7/9

スイス・ノバルティスファーマ社は7月8日、世界共通で適用する医師主導臨床研究の新たなガイドラインを公...

降圧剤論文問題と研究不正

臨床研究の法規制、意見割れる、厚労省検討委員会2014/6/26

降圧剤「ディオバン」の論文不正事件受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度などの新しいルールを検討...

降圧剤論文問題と研究不正

武田、CASE-J試験に一貫して関与2014/6/23

武田薬品工業の降圧剤ARB(プロプレス)とCa拮抗薬(アムロジピン)を比較した医師主導臨床研究「CA...

降圧剤論文問題と研究不正

降圧剤疑惑の広告、ある種の「詐欺」 - 山本正幸・日本学術会議臨床試験制度検討分科会会長山本正幸氏に聞く◆Vol.22014/6/6

――厚生労働省と文部科学省は合同で「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」をまとめる一方、厚労省...

降圧剤論文問題と研究不正

医師と製薬会社の関係、「第三」の段階へ - 山本正幸・日本学術会議臨床試験制度検討分科会会長に聞く◆Vol.12014/6/4

降圧剤「ディオバン」を巡る論文不正の疑惑で、日本学術会議の科学研究における健全性の向上に関する検討委...

降圧剤論文問題と研究不正

「寄附金で研究」否定せず、高血圧学会提言2014/6/3

降圧剤「ディオバン」の臨床研究における不正疑惑を受けて、日本高血圧学会は、会内に設置した「臨床研究に...

降圧剤論文問題と研究不正

製薬会社の「基金」設置求める提案も、臨床研究検討委2014/5/19

降圧剤「ディオバン」の論文不正問題を受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度などの新しいルールを検...

降圧剤論文問題と研究不正

臨床研究「データ5年保存」「監査義務付け」、新指針2014/5/2

厚生労働省と文部科学省による「疫学研究に関する倫理指針」と「臨床研究に関する倫理指針」の合同の見直し...

降圧剤論文問題と研究不正

千葉大の降圧剤論文に撤回勧告、調査委2014/4/26

降圧剤「ディオバン」を巡る論文不正疑惑で、千葉大学は4月25日、同大のディオバンの臨床試験「theV...

降圧剤論文問題と研究不正

厚労省が臨床研究の新ルール検討開始2014/4/18

降圧剤「ディオバン」の論文不正問題を受けて、臨床研究の透明性確保に関する法制度などの新しいルールを検...

降圧剤論文問題と研究不正

データ不正解明できず、大学にも苦言2014/3/28

降圧剤「ディオバン」の論文不正問題の対応策を検討するための厚生労働省の「高血圧症治療薬の臨床研究事案...

降圧剤論文問題と研究不正

“ねつ造”問題、「日循は真摯に反省を」2014/3/24

3月21日、東京都内で開催された、第78回日本循環器学会学術集会のプレナリーセッションで、高血圧関連...

降圧剤論文問題と研究不正

降圧剤論文、米学会が独自に撤回、滋賀医大2014/1/21

降圧剤「ディオバン」に関する論文不正問題で、米国糖尿病学会は、同学会誌「DiabetesCare」に...

降圧剤論文問題と研究不正

「ノバルティス社に薬事法違反の故意」、厚労省が告発2014/1/9

降圧剤「ディオバン」に関する論文不正問題で、厚生労働省は1月9日、薬事法(虚偽・誇大広告の禁止)違反...

降圧剤論文問題と研究不正

全123件中 51-100件