m3.com トップ>医療維新>レポート>小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

レポート 小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」
Page
検査の結果をお知りになりたいそうです【連載小説「朔風」第78回】2017/7/28

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]インフルエンザワクチンの接種に託(かこ)つけた大...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「院長の変調には気づいていた?」【連載小説「朔風」第77回】2017/7/25

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「院長先生だけどさ」と改善会議が終わって外科の準...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

結美はわざと健太朗を刺激するところがある【連載小説「朔風」第76回】2017/7/21

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【28】「……そうか、そんなことがあったのか?ナ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

あなたのお部屋がどんな様子なのか興味があるし…【連載小説「朔風」第75回】2017/7/18

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「何だか面倒くさそうね」と携帯の画面を差し出され...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ボクを引き込むために、いっしょに寝たのか【連載小説「朔風」第74回】2017/7/14

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【27】「魚心あれば水心、と言っていたよね……」...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「私たちは先生たちの味方です、と」【連載小説「朔風」第73回】2017/7/11

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「仰ることはよく分かりました」と健太朗は言った。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

何を言い出すんだろう【連載小説「朔風」第72回】2017/7/7

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]村田市議は教職員組合上がりの、左翼がかった思想の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

それなりに人間関係は複雑なんですよ【連載小説「朔風」第71回】2017/7/4

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「これは、これは……」と健太朗と吉川は三人に会釈...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

争点の一つは病院の扱いにある【連載小説「朔風」第70回】2017/6/30

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【26】翌日から大迫院長の指示の下、健太朗たちは...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

彼はちいさく高ぶっていた【連載小説「朔風」第69回】2017/6/27

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]別に本気で彼らのオルグに乗ったわけではない。自分...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

まだまだ希望はありますよ【連載小説「朔風」第68回】2017/6/23

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]「それで結局、杉谷先生はバトラー病院にお呼びでき...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

分派活動をしているらしい【連載小説「朔風」第67回】2017/6/20

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]【25】夜の8時、健太朗はまゆみと一緒に、青柳町...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

この娘との間では余計な会話が増えてしまう【連載小説「朔風」第66回】2017/6/16

[あらすじ・登場人物はこちら][連載第1回はこちら]健太朗は首をひねった。院長は結局、俺に何を言いた...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「昨夜はどうでした?」【連載小説「朔風」第65回】2017/6/13

[連載第1回はこちら]【24】――おはようございます。――ああ、おはよう。翌朝、健太朗はバトラー病院...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「どうしてこうなったかなんて、訊かないで」【連載小説「朔風」第64回】2017/6/9

[連載第1回はこちら]人の心は定かならない。風向き次第でどのようにも形を変える。ときにどんなに注意し...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

院長先生とわたしの関係【連載小説「朔風」第63回】 2017/6/6

[連載第1回はこちら]……結局、その夜、吉川まゆみは健太朗にけっこう言いたい放題で、批判的な言辞を交...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

わざと露悪的に振る舞っているのでは?【連載小説「朔風」第62回】2017/6/2

[連載第1回はこちら]「じゃあ、ボクも同じものを一つ」そう明美に告げて、吉川まゆみとカウンターの止ま...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

艶然と揺れていた瞳【連載小説「朔風」第61回】  2017/5/30

[連載第1回はこちら]【23】ようやっとのこと8人分の調査票を書き上げ、事務の窓口に預けはしたものの...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

どこがどうとは分からぬが、非常にマズい展開だった【連載小説「朔風」第60回】2017/5/26

[連載第1回はこちら]吉川まゆみは、いったい何が言いたいのだろう?彼女が大迫院長と気持ちを一つにして...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「それですよ、わたしたちが先生を信頼できるのは」【連載小説「朔風」第59回】2017/5/23

[連載第1回はこちら]「院長先生から聞きましたが、杉谷先生がうちの病院に来たがっているというのは本当...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

謎は謎のまま、話を院長に繋いだ【連載小説「朔風」第58回】2017/5/19

[連載第1回はこちら]ハッキリ言って飯島には何と答えていいか、判らなかった。杉谷が何をとち狂ったのか...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」【連載小説「朔風」第57回】 2017/5/16

[連載第1回はこちら]「健太朗、おまえ、すごい美人と付き合っているんだって?」「えっ?何だい、それ?...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

俺はいったい何をやっているのか?【連載小説「朔風」第56回】 2017/5/12

[連載第1回はこちら]【21】結局、その夜は大迫院長の言葉を振り切るようにして、院長室を後にした健太...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

健太朗は鼻白んだ【連載小説「朔風」第55回】 2017/5/9

[連載第1回はこちら]健太朗は院長に見つめられて、苦し紛れに言った。「そういえば先生は、例の陸前会病...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

カクテル越しの会話【連載小説「朔風」第54回】2017/5/5

[連載第1回はこちら]津山については、『ウルワシ』で吉川からの相談というよりも、抗議にちかい強い拒絶...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「病院の経営権は私たち医師が握る」【連載小説「朔風」第53回】2017/5/2

[連載第1回はこちら]【20】白羽の矢、という言葉が健太朗を警戒させた。自分がこの富産別バトラー病院...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

離合集散は人の世の習い【連載小説「朔風」第52回】2017/4/28

[連載第1回はこちら]「うちのような市立病院が運営形態を変えるとしてですよ。すぐさま民営化して、足元...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「市議たちは応援団になってもらわねば」【連載小説「朔風」第51回】2017/4/25

[連載第1回はこちら]【19】院長から話がある、と呼び出されたのは、村田市議の一派が院内視察をした次...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「先生に寄せる信頼が雲散霧消しますよ」【連載小説「朔風」第50回】2017/4/21

[連載第1回はこちら]伊藤事務長の有無を言わせぬ態度に、健太朗は押し負けそうになった。「院長先生はな...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押しかけてきた議員たち【連載小説「朔風」第49回】2017/4/18

[連載第1回はこちら]それは長引いた午前の外来診療が終わって、ちょうど一息ついた午後の一時くらいのこ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

民営化話で動揺する市職員【連載小説「朔風」第48回】2017/4/14

[連載第1回はこちら]【18】院長が病院改善委員会で洩らした“病院民営化”の話は、またたくまにバトラ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

コンビニ感覚の患者で過重労働を強いられている【連載小説「朔風」第47回】2017/4/11

[連載第1回はこちら]「まったくその通りです」と内科の津山が健太朗の意見に同意した。「城戸先生の言う...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

病院改善委員会での議論【連載小説「朔風」第46回】2017/4/7

[連載第1回はこちら]【17】工藤議員の夜間救急処置室でのご乱行(?)は、翌日の朝に開かれたバトラー...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

横紙破りの議員【連載小説「朔風」第45回】2017/4/4

[連載第1回はこちら]「大丈夫、お子さんは元気になりましたよ、ほら!」工藤の言動で一瞬凍りついた空気...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

夜間救急でのトラブル【連載小説「朔風」第44回】2017/3/31

[連載第1回はこちら]【16】「ああ、先生、遅い!遅いですよ!いったい患者を何だと思っているんです」...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ロマンの人【連載小説「朔風」第43回】2017/3/28

[連載第1回はこちら]ほう、と健太朗は彼女の話にうなずいた。院長はやはりロマンの人だったという訳か。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「恋愛ごっこをするためなんかじゃない」【連載小説「朔風」第42回】2017/3/24

[連載第1回はこちら]「ああら、城戸先生、すっかりお見限り」『ウルワシ』のドアを開けたとたん、中から...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

津山医師のどこか幼児的な行動【連載小説「朔風」第41回】2017/3/21

[連載第1回はこちら]大島結美に言われて気づいたが、たしかに津山医師の吉川(きっかわ)医師への接近は...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ダメですよ。人の恋路を邪魔しちゃ」【連載小説「朔風」第40回】2017/3/17

[連載第1回はこちら]【15】内科に山根医師、外科に吉川(きっかわ)医師、それに2名の男性看護師と、...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「ドクターだけの飲みと思ったんだけど」【連載小説「朔風」第39回】2017/3/14

[連載第1回はこちら]気胸の高校生は吉川(きっかわ)医師の的確な手技で事なきを得た。患者は胸部エック...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

吉川の美貌が混乱させたことは確かだった【連載小説「朔風」第38回】2017/3/10

[連載第1回はこちら]【14】吉川(きっかわ)医師は、大迫院長に引き合わされたその直後から外科で働き...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

微妙なバランスの掛け替えのない関係【連載小説「朔風」第37回】2017/3/7

[連載第1回はこちら]院長の言葉は一種の告白だった。最初、バトラー病院を引き受けたとき、たぶん院長は...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「だが、患者は戻らなかった」【連載小説「朔風」第36回】2017/3/3

[連載第1回はこちら]吉川(きっかわ)まゆみ医師の専門である救急科は、もともとバトラー病院にはない部...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「どこかの女優さんかしら?」【連載小説「朔風」第35回】2017/2/28

[連載第1回はこちら]【13】新任の女性医師についての山根医師の評は的を射ていた。俗に美人を評して「...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

“跳ねっ返り”のお嬢さん【連載小説「朔風」第34回】2017/2/24

[連載第1回はこちら]男性医官の名は山根達彦といって、年齢は44歳。専門は整形外科。銃器、車両やヘリ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

次にやってきたのは待望の医師だった【連載小説「朔風」第33回】2017/2/21

[連載第1回はこちら]【12】院長が言っていた“応援部隊”は本当に翌週から五月雨式にやってきた。まず...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

私たちを囲む戦況は非常に好ましくない【連載小説「朔風」第32回】2017/2/17

[連載第1回はこちら]大迫佳彦院長は就任したその日から、バトラー病院のために精力的に働きはじめた。彼...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「お願いしたいのは、規律と自己犠牲です」【連載小説「朔風」第31回】2017/2/14

[連載第1回はこちら]新院長の話はなおも続いた。「……とはいえ、私はこの病院に自衛隊や警察ふうの階級...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

新院長のあいさつ【連載小説「朔風」第30回】2017/2/10

[連載第1回はこちら]【11】バトラー病院に新しい院長である大迫佳彦医師が赴任したのは9月の初め。飯...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

人生を降りたようで、プライドが高いあの態度【連載小説「朔風」第29回】2017/2/7

[連載第1回はこちら]健太朗は頷いた。大島結美の言い方は一方的に聞こえもするが、彼には当たっているよ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

全130件中 51-100件