m3.com トップ>医療維新>インタビュー>平成の医療史30年

インタビュー 平成の医療史30年
Page
「ワクチン暗黒の時代」から「ワクチン・ギャップ」の解消へ【平成の医療史30年◆予防接種行政編】2019/1/23

1994年(平成6年)の予防接種法改正により、予防接種行政はそれまでの社会防衛から個人防衛を考慮する...

平成の医療史30年

「最大の危機」は2025年から10年間【平成の医療史30年◆厚労行政編】2019/1/19

――データヘルス改革が進めば、研究開発だけでなく、日常診療の適正化、診療報酬をはじめ政策決定の際のエ...

平成の医療史30年

中医協、「非公開」で改定率決定の時代も【平成の医療史30年◆厚労行政編】2019/1/16

――鈴木技監は1984年の入省です。平成時代の医療行政を担当してきたわけですが、平成の30年間も含め...

平成の医療史30年

医療の「機能分化」「標準化」進んだ30年【平成の医療史30年◆厚労行政編】2019/1/12

医療は規制が強い分野。その舵取りをするのは、言うまでもなく厚生労働省だ。医療、それを支える医療行政が...

平成の医療史30年

医療の“司令塔”、霞が関は改革の連続【平成の医療史30年◆厚労行政編】2019/1/8

医療法改正8回、診療報酬改定17回、うち消費税増税に伴う改定2回――。厚労行政の30年間は、制度改正...

平成の医療史30年

Page
全55件中 51-55件