m3.com トップ>医療維新>レポート>小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

レポート 小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」
Page
病院長の経営感覚【連載小説「朔風」第28回】2017/2/3

[連載第1回はこちら]夏の牧場地帯はいたるところに光が氾濫していた。ハンドルを握った健太朗に眼に、白...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「いい先生からいなくなっちゃいますね」【連載小説「朔風」第27回】2017/1/31

[連載第1回はこちら]【10】「……本当にもう、皆いなくなっちゃうんですね」大島結美は2DKの職員宿...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「お前はまだ知らないんだよ、住民の手前勝手さを」【連載小説「朔風」第26回】2017/1/27

[連載第1回はこちら]「こんなところに呼び出して、悪かったな」富産別駅前のラウンジバー“ウルワシ”に...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「自分を過酷な環境に置いてみたいっていう奇特な人」【連載小説「朔風」第25回】2017/1/24

[連載第1回はこちら]【9】伊藤事務長が明かした新病院長は大迫佳彦(おおさこ・よしひこ)医師。――東...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

酒席での予期せぬ話【連載小説「朔風」第24回】2017/1/20

[連載第1回はこちら]先週は消化器内科、今週は小児科と皮膚科、来週には泌尿器科と精神神経科……。7月...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

大学医局からの医師の引き揚げ【連載小説「朔風」第23回】2017/1/17

[連載第1回はこちら]北斗医大の警告を単なる口先の介入くらいに考えていたのは、健太朗たち大学医局外の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

辞任を申し出た病院長【連載小説「朔風」第22回】2017/1/13

[連載第1回はこちら]【8】新参者の健太朗には皆目見当がつかなかったが、飯島の言う市長派と反市長派の...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市長派と反市長派の対立【連載小説「朔風」第21回】2017/1/10

[連載第1回はこちら]飯島が健太朗に教えてくれた”詳しいこと”というのは、病院予算の赤字分を市が貸し...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「これは明瞭な『病院潰し』である」【連載小説「朔風」第20回】2017/1/6

[連載第1回はこちら]北斗医大病院は富産別市議会でのバトラー病院予算案に関する紛糾を受けて、以下のよ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市から病院への改革宣言【連載小説「朔風」第19回】2017/1/3

[連載第1回はこちら]病院長が病院の管理責任者を降ろされ、ただの医療部門のトップになる。――それって...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

市と大学医局の関係【連載小説「朔風」第18回】2016/12/30

[連載第1回はこちら]【7】……結局、健太朗はバトラー病院の外科部長を引き受けることになった。実際に...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

無意識の恐れは実現する【連載小説「朔風」17回】2016/12/27

[連載第1回はこちら]腹腔鏡による手術は大学病院などでは一般的になりつつあるが、従来の開腹手術とは手...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

私たちの気持ちはずっと以前に離れていた【連載小説「朔風」16回】2016/12/23

[連載第1回はこちら]【6】いったい妻は何を言っているのか?まったく彼女の言い分がわからずに、健太朗...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

教授の無理難題、妻からの離婚要求【連載小説「朔風」第15回】2016/12/20

[連載第1回はこちら]「そんなに心配しないでくれよ」健太朗の心持ちを忖度して、山下はいろいろ言い訳を...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

患者は月曜日の昼過ぎに亡くなった【連載小説「朔風」第14回】2016/12/16

[連載第1回はこちら]結局、患者は急性循環不全を併発し月曜日の昼過ぎに亡くなった。大学病院の医局に訳...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ケチのつきはじめ【連載小説「朔風」第13回】2016/12/13

[連載第1回はこちら]【5】健太朗に対する周囲の評価は上々だった。どんなときにも患者に対して逃げない...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

妻を避け、家庭を避けて、病院の業務に励んだ【連載小説「朔風」第12回】2016/12/9

[連載第1回はこちら]バイトは週に一度の夜勤と研修日の日勤。二つの関連病院を掛け持ち、健太朗はがむし...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押し切られたような学生結婚【連載小説「朔風」第11回】2016/12/6

[連載第1回はこちら]結婚してしばらくたった頃から、妻の慶子が彼に不満を募らせているのは知っていた。...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

働きすぎるほど働いていたかつての自分【連載小説「朔風」第10回】2016/12/2

[連載第1回はこちら]【4】まさか、とは思う。まさか、この自分がこれほど優柔不断で、ひどく神経質だっ...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

地付きのナースとしての弁解【連載小説「朔風」第9回】2016/11/29

[連載第1回はこちら]ナースの大島結美が懇願するように告げた言葉に、健太朗は少しく困惑した。彼女が若...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

眸が涼やかな地付きの美人【連載小説「朔風」第8回】2016/11/25

[連載第1回はこちら]若くて、鞠のように弾んだ声だった。振り向いた彼はそこに外科のナースの大島結美(...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

押し寄せる波が鈍色に砕ける【連載小説「朔風」第7回】2016/11/22

[連載第1回はこちら]【3】水平線が遠くなだらかな円弧を描いて、富産別の海が広がっている。丸みを帯び...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

院長給与引き下げの裏側【連載小説「朔風」第6回】2016/11/18

[連載第1回はこちら]ほう、ナースたちはそんなに貰っていたのか。健太朗はちょっと驚いたが、だからとい...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「職員の給与体系見直しが急務だからなんです」【連載小説「朔風」第5回】2016/11/15

[連載第1回はこちら]「ちょっと待ってください。突然言い出されても戸惑います」と健太朗は応えた。「私...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

恬淡とした院長、やり手の事務長【連載小説「朔風」第4回】2016/11/11

[連載第1回はこちら]【3】「失礼します」院長室には先客がいた。事務長の伊藤だ。院長室のソファは大き...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

飯島のぼやき【連載小説「朔風」第3回】2016/11/8

[連載第1回はこちら]あとで気づいたのだが、車内が一瞬真っ暗になったのは、列車がトンネルに入ったから...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

「図体だけでかくて廃兵院みたいだ」【連載小説「朔風」第2回】2016/11/4

[連載第1回はこちら]「でもなぁ、バトラー病院が最盛期だったのはほんとに一時期のことでね」と飯島は続...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

ナースたちの噂【連載小説「朔風」第1回】2016/11/4

11月よりm3.comでは小説家・久間十義氏による本格医療小説「朔風―バトラー病院の午後―」を連載を...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」あらすじ・登場人物2016/11/3

都内の大学病院で外科医として勤務していた城戸健太朗は離婚や医療事故などをきっかけに、高校時代の同級生...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」 作者:久間十義2016/11/2

[あらすじ・登場人物はこちら]毎週火曜日と金曜日更新第128回:誰もが泥舟から逃げ出そうとしている「...

小説「朔風 ―バトラー病院の午後―」

Page
全130件中 101-130件